青い誘惑
ホーム > 作品情報 > 映画「青い誘惑」
メニュー

青い誘惑

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

バハマ海中に眠る黄金をめぐるアドベンチャーロマンで、84年10月28日にABC系で放映されたTVムービーの劇場公開版。エグゼクティヴ・プロデューサーはフランク・コニグスバーグとラリー・サニッツキー。製作はビル・コッカー、監督はディック・ラウリー、脚本はデイヴィッド・シャーウィンとオーティス・ジョーンズ、撮影はジェームズ・パーゴラ、音楽はシルヴェスター・レヴェイが担当。出演はブルック・シールズほか。日本版字幕は岡枝慎二。CFIカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

ストーリー

フロリダ半島南の港町キーウェスト。ウェイトレスとして、しがない毎日を送るローラ(ブルック・シールズ)は、飲んだくれ老人サンプソン(バージェス・メレディス)から、46年に沈没したサンタ・クルーズ号に積まれた黄金の話を聞いた。新しい人生を夢見て、ローラは恋人クリス(トム・バード)が管理人をしている豪華ヨットを用い、宝捜しの航海に出る。仲間は、2人の他にサンプソンとダイバーのベン(ブライアン.カーウィン)の4人。宝が見つからず、いらいらが続く日々。クリスの利己的言動は目立ち、ローラはベンに心ひかれていく。そして、ある朝ついに宝を海底で発見。沈没船の鉄サクを焼き切る水中バーナーを買いに近くの島へ上陸する一行。しかし、悪酔したクリスはバーで黄金のことをほのめかしてしまう。一方、ベンと結ばれるローラ。翌日より、黄金の引き上げ作戦が始まった。続々と山積みにされる黄金を目のあたりにする4人。ローラをめぐるクリスとべンの対立もあって、4人の人間関係は気まずくなっていく。バーで宝の話を聞いた男たちが船で4人を襲ってくるが、クリスは銃撃戦の末、男たちを全滅。クリスの黄金への執着心はすさまじく、サンプソンとローラが島に行っている間に、彼はベンを殺害。ローラたちが戻ってくると、彼らをボートで海に流してしまった。そして、1人港に向かうクリス。だが、船底にぶらさげて隠しておいた黄金が沿岸警備隊に見つかりそうになりあわてて海中に飛び込んだクリスは、スクリューに巻き込まれ黄金共々死体として海底に沈んでいった。一方、無事救出されたローラとサンプソンの手には1個の黄金が残されていたが、ローラは大切なのは宝でなく夢と知るのだった。...

作品データ

原題 Wet Gold
製作年 1984年
製作国 アメリカ
配給 東映クラシックフィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「青い誘惑」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi