アヴェティック
ホーム > 作品情報 > 映画「アヴェティック」
メニュー

アヴェティック

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

49年にソ連のアルメニアに生まれ、モスクワで助監督や映画評論家を経たのちにドイツ・ベルリンへ亡命した映画作家、ドン・アスカリアンの本邦初紹介となる映像詩。チェーホフ原作の自主製作映画『熊』(84)、アルメニアの修道士にして作曲家コミタスの生涯を描き、15年にトルコで虐殺された200万人のアルメニア人に捧げた「コミタス」(88)、テレビ用に製作されたドキュメンタリー『ナゴルノカラバフ:アルメニアの歴史、第三部および第四部』(88、日本未放映)に続いて発表した第4作。ひとりの亡命アルメニア人の物語をつづった監督の自伝的要素の濃い作品で、彼自身が在住している現在のベルリンと少年時代のアルメニアの風景が交錯し、亡命者の望郷、エロティシズムに溢れた自然の風景、トルコでのアルメニア人の大虐殺、監督自身の映画への思いなどが、官能的で美しく謎めいた緊密な映像で、流麗に綴られていく。ソ連の解体により、亡命後初めてアルメニアで撮影された。監督・脚本・編集・美術はドン・アスカリアン、製作はマルガリータ・ヴォスカニアン、撮影はガジック・アヴァキアン、マーティン・グレッスマン、アンドレアス・シナノス。音楽はベリーニ、フランツ・シューベルト、アルメニア民謡を使用。

ストーリー

ベルリンに住む亡命アルメニア人、アヴェティック(アリク・アサトゥリアン)が夢を見ている……。アルメニアで起こった大地震の悲劇や、王との対話による歴史への反応が描かれ、そして女予言者と彼の兄の対話を通して、それらがベルリンのアルメニア人に及ぼしている影響、黒澤明の「羅生門」やミケランジェロ・アントニオーニ作品のフィルムの切れ端で遊ぶ幼年時代のアヴェティック(ミカエル・ステパニアン)の回想、彼の部屋を訪れた婦人記者との対面を通して触れられるドイツの人種差別との対決、同じ亡命人のウラディーミル・ナボコフの引用など、さまざまなシークエンスで構成されている。...

作品データ

原題 Avetik
製作年 1992年
製作国 ドイツ・アルメニア合作
配給 アップリンク

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi