愛の記録
ホーム > 作品情報 > 映画「愛の記録」
メニュー

愛の記録

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

1930年代末のドイツ軍の侵攻直前ポーランド、リトアニアの小都市を舞台に多感な少年の初恋を描く。監督は「ドイツの恋」のアンジェイ・ワイダ。タデウシュ・コンヴィツキの原作を基にコンヴィツキとワイダが脚色。撮影はエドワルド・クウォシンスキ、音楽はヴォイチェフ・キラール、編集はアリナ・プリュガル・ケトリングが担当。出演はパウリーナ・ムイナルスキ、ピョートル・ヴァヴジンチャックほか。

ストーリー

1939年の5月。ポーランド、リトアニア地方の小都市。リセウムの最終学年のヴィテク(ピョートル・ヴァヴジンチャック)は、復活祭の休暇を利用して旅行に出かけていた。汽車の窓から見える線路沿いに続くポーランド軍の演習場の光景を見つめるヴィテク。彼は母(クリスティナ・ザファトヴィッチ)と祖父の3人で暮らしていた。彼は学校の成績もよく大学は医学部を志望していた。彼は近くに住む大佐の家に電報を屈けに行き、そこで応待に出てきた少女アリーナ(パウリーナ・ムイナルスキ)をひと目見て恋してしまった。翌日、学校から帰るとき、ヴィテクは駅の構内でアリーナを見つけ声をかけた。彼女もまたリセウムの女子校の最終学年だった。同じ汽車に乗り合わせたヴィテクは、アリーナに、もっと早く会いたかったというのだった。その日の夜、アリーナの家の庭に忍び込んだヴィテクは、思わず足をふみはずして下に落ちてしまった。それ以来、彼はアリーナのことばかり考えていた。アリーナに彼女の従兄シルヴェック(イエジュ・クレシク)を紹介された彼は、3人でサイクリングを楽しんだ。そのころ、戦争がはじまるという噂が街に広まっていた。アリーナを思う気持ちは日に日に強まり、ヴィテクはアリーナに「なぜ僕を苦しめるの」と話しかけた。2人は初めてキスをした。しかし、それ以来、ヴィテクはアリーナになかなか会えなくなってしまった。アリーナの両親が、ヴィテクの訪問を喜んでいなかった。ある日、シルヴェックから、アリーナがヴィテクと会いたがっているということを聞いた。翌日約束の川辺で会った2人は、将来を誓い合い、卒業の日に再会することを約束して別れた。大学の試験に失敗したヴィテクは、アリーナのことだけを思って生きていた。約束の時間に2人は川辺にやって来た。愛に殉ずる道を選んだ2人はお互いの口に毒を含ませ、死が訪れるのを待つのだった。...

作品データ

原題 Kronika Wypadkow Mitosnych
製作年 1986年
製作国 ポーランド
配給 岩波ホール
上映時間 120分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi