逢いたくてヴェニス
ホーム > 作品情報 > 映画「逢いたくてヴェニス」
メニュー

逢いたくてヴェニス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

夫の浮気相手の連れ合いの弁護士を誘拐して、子供ふたりとヴェニスへ向かう中年女性の珍道中をコミカルに描いたロード・ムービー。監督はドイツでドキュメンタリーやテレビで活躍する中堅監督ヴィヴィアン・ネーフェ。脚本はネーフェ、ワルター・ケルガー、バーバラ・ヤーゴ、パメラ・カッツ。撮影はパーター・ドゥットリング。音楽はディーター・シュライプ。出演はアグライア・シスコヴィッチ、「ラン・ローラ・ラン」のハイノ・フェルヒほか。

ストーリー

ミュンヘン。勝ち気で活発な女性エヴァ(アグライア・シスコヴィッチ)は、売れない画家の夫ルイス(ゲデオン・ブルクハート)とふたりの子供フロリアンとローザを養うため、ウェイトレスをして日々の生計を立てる日々。ある日、出かけるというルイスを空港に見送りに行った彼女は、夫がパトロンで有名な女銀行家シャルロット(ヒルデ・ファン・ミーゲン)と一緒に旅立つのを見て激怒。エヴァは怒りにまかせて彼女の夫で有能だが高慢ちきな弁護士ニック(ハイノ・フェルヒ)の元に赴き、彼をおもちゃのピストルで脅して誘拐。彼を人質に子供ふたりを連れて、留守電から突き止めた夫の不倫旅行先のヴェニスへ旅立つ。泥棒の被害にあったり、無銭飲食をしたりとさんざんな目にあう4人だが、そんな道中でニックはエヴァに揺り動かされていく。一方、最初はうまくいっていたルイスとシャルロットも、やがてすれ違いに。彼らの帰国の日、ルイスたちにめぐりあうエヴァ一行。それぞれ元のさやにおさまったとみえたが、お互いに忘れられなくなっていたエヴァとニックは劇的な再会を果たすのだった。...

作品データ

原題 Four for Venice
製作年 1997年
製作国 ドイツ
配給 パンドラ
上映時間 93分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi