シネマ歌舞伎 野田版 鼠小僧
ホーム > 作品情報 > 映画「シネマ歌舞伎 野田版 鼠小僧」
メニュー

シネマ歌舞伎 野田版 鼠小僧

劇場公開日

解説

創業110周年を迎える松竹の記念事業のひとつとして、演劇部門と映像部門の共同事業により制作された「シネマ歌舞伎」。歌舞伎の舞台作品をHD高性能カメラで撮影し、東劇にてデジタル上映するという映画と演劇のジャンルを超えた新たな取り組みの第一弾。主演の中村勘九郎にとって、十八代目中村勘三郎襲名記念上映でもある。作・演出は野田秀樹。

ストーリー

お正月、江戸の町では鼠小僧の芝居が大人気。見物客の中では、棺桶屋の三太(中村勘九郎)がずる賢く金稼ぎに励んでいる。金にしか興味のないごうつくばりの三太は、実の兄が死んでも棺桶屋の出番と喜ぶ始末。その上、兄の遺産があると聞いて大はしゃぎ。ところがその遺産は、善人と評判の與吉(中村橋之助)が相続することに。他人には渡すものかと一計を案じた三太は、兄の死体の替わりに棺桶の中へ忍び込むのだが……。...

スタッフ

その他
野田秀樹

キャスト

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 109分
備考 ODS

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全3件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「シネマ歌舞伎」シリーズ関連作品

他のユーザーは「シネマ歌舞伎 野田版 鼠小僧」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi