9.11-8.15 日本心中
ホーム > 作品情報 > 映画「9.11-8.15 日本心中」
メニュー

9.11-8.15 日本心中

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

現代社会を覆う出口の見えない不安の中、この世界の自由と希望を根源的に取り戻すため、かつて天皇コラージュ作品で日本のタブーを揺るがせた異端の美術家・大浦信行が、5年の歳月をかけて恐るべきドキュメンタリーを完成させた。この映画は、現代日本のありようを、2001年9月11日に起きた米国同時多発テロとの関連で見つめ直し、ドキュメンタリーと象徴的な映像の融合による新しい表現によって、あるべき日本と世界の姿を模索しようとした作品です。極限まで研ぎすまされた映像と音声のなかに、真の「自由」を求めさまよう、出演者たちの魂のさすらいが浮かび上がってくるような、神話的ロードムービーとして完成したラディカルなドキュメンタリー映画。

ストーリー

2001年1月、老美術批評家、針生一郎は、残り少ない己の人生をかけ、最後の旅に出た。批評家として闘ってきた敗戦後日本の状況を、痛みとともにもう一度たどり直すべく、かつての盟友や、若い思想家たちを訪ね歩く旅が続く。同じ頃、1973年にパレスチナで生まれた重信メイも旅を始めていた。メイの母親は、かつて世界を震撼させた日本赤軍のリーダー・重信房子。父はパレスチナ民族解放運動の闘士だったが、闘争の渦中で暗殺された。彼女は生まれ育ったレバノンを離れ、母の国、日本にやって来た。そして、アラブと日本に引き裂かれた自己のアイデンティティを探す旅を開始したのだった。さらに他方、この現代に日本の「戦争記録画」を黙々と描き続ける男がいる。彼は何かに取り憑かれたように、敗戦後日本のあり方を、「戦争と死」の絵を描きながら執拗に問い続ける。そして2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが発生した。9.11を契機にして、彼らの旅が加速していく。9月11日のニューヨークの青空と、1945年8月15日、日本無条件降伏の日に日本が体験した青空の、奇妙に似通った光景が、彼らを遠く隔たった時空の間に横たわる闇に、奇妙な白昼夢とともに迷い込ませる。いつしか重信メイと針生一郎は、導かれるように朝鮮半島に足を踏み入れていた。そこには日本と位相をずらしながらも、根源的な魂のありよう、「東アジアの原型」が、密かに息づいていると言う。そして、その韓国の地に住み、苦難に満ちた人生を生き抜きながらも希望を絶やすことなく「東アジアの原型」を生命を賭けて求め続ける詩人・金芝河。いくつもの川の流れがやがて同じ海に流れ込むように、針生一郎と重信メイ、それぞれの旅が、ついに金芝河に行き着いた。彼らが時空を超えた懐かしい出会いを果たした時、彼らの発する闇からの光が、現代日本、そして世界の姿をゆっくりと浮かび上がらせてゆく。そこに見えてくるものは、希望だろうか、絶望だろうか……。...

スタッフ

監督
撮影
辻智彦
撮影協力
角山正樹
戸田義久
音楽
朴根鐘
中山ラビ
録音
川嶋一義
編集
辻智彦
演奏
イ・ミョンヒ
李東信
音楽録音
寺田伊織
制作進行
中村江位子
中村篤
特殊効果
船越幹雄
近藤佳徳
韓国語監修
古川美佳
韓国コーディネーター
洪成潭
兪池娜
ナレーション
中山真利絵
武藤光司
中村江位子
ムーダン
蔡貞禮
姜正太
咸仁天
整音
吉田一明

キャスト

作品データ

原題 9.11-8.15 Nippon Suicide Pact
製作年 2005年
製作国 日本
配給 シネマチック・ネオ
上映時間 145分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

9.11-8.15 日本心中[DVD] 日本心中 針生一郎・日本を丸ごと抱え込んでしまった男。[DVD] 17歳の風景[DVD]
9.11-8.15 日本心中[DVD] 日本心中 針生一郎・日本を丸ごと抱え込んでしまった男。[DVD] 17歳の風景[DVD]
発売日:2012年4月27日 最安価格: ¥5,138 発売日:2012年4月27日 最安価格: ¥3,855 発売日:2007年10月26日 最安価格: ¥3,365
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi