セキ・ララ
ホーム > 作品情報 > 映画「セキ・ララ」
メニュー

セキ・ララ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アダルト業界に生きるユニークな『在日二世&三世』たちの、まさに身も心も裸になった姿をカメラに収めている人間ドキュメント。新人女優・相川ひろみが生まれ故郷の尾道へと向かう旅を追った<ロードムービー編>と中国人女優・杏奈と自宅に38度線がある男優・花岡じったの<1日デート編>の二部構成。プロデューサーはカリスマAV監督カンパニー松尾。

ストーリー

在日韓国人であるドキュメンタリー映画作家・松江哲明は、AV業界にもユニークな在日の人々がいることに着目。久しぶりに自分自身のアイデンティティの問題と向かい合おうと考えた。<第1部>2003年の11月、哲明はAVモデル志望の20歳の風俗嬢、相川ひろみと面接を行った。自分と同じ在日韓国人三世。相川は哲明に「子供時代を過ごした尾道や京都に行ってみたい」と提案。12月、哲明は相川を連れ京都へ向う。京都時代、相川はケンカ沙汰になることもあったが、そんな時、警察署まで彼女を迎えに来てくれるのはパチンコ店を経営していた父親だった。京都から大阪に移動してホテルでAV撮影。翌日、一行は相川の生まれ故郷・尾道に辿り着く。相川の生家であるパチンコ店の建物は残っていたが、改装され昔の面影はなかった。仕事を終えた別れ際、相川は哲明たちのことを「家族のようだ」と言い、涙を流すのだった。<第2部>東京に戻った哲明は中国人留学生のAV女優と面接をすることにした。名前は杏奈。上海出身の24歳。「一流のAV男優と共演したい」という杏奈の希望もあって、哲明が用意した人物は、ベテラン、花岡じった。在日朝鮮人二世であり、本名を柳光石という。横浜へ向かう車を運転しながら、花岡は「富士山を観てキレイだと思うのが日本人だ」と力説する。ホテルでAV撮影後、哲明は杏奈に彼女のアイデンティティは何かと尋ねる。杏奈の答えは「家族」だった。花岡に同じ質問をすると「日本」だと言う。「朝鮮人として生まれてきたことにもどかしさを感じる」とまで答える花岡。人気AV男優である彼は、実は両親と同居暮らしだった。しかし、パスポートを取るために北朝鮮籍から韓国籍へ帰化した花岡は、父親とは一切顔を合わせようとしない。哲明は、フクザツな立場に置かれたままの在日韓国人たちと比べ、日本でたくましく生きようとする杏奈の前向きな姿に脱帽するほかなかった。...

スタッフ

監督
プロデューサー
カンパニー松尾
撮影
松江哲明
村上賢司
8mm・写真撮影
村上賢司
音楽
藤野智香
川野建
制作進行
近藤龍人

キャスト

作品データ

製作年 2006年
製作国 日本
配給 イメージリングス
上映時間 83分
映倫区分 R18+

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「セキ・ララ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi