キャプテン翼 危うし!全日本Jr.
ホーム > 作品情報 > 映画「キャプテン翼 危うし!全日本Jr.」
メニュー

キャプテン翼 危うし!全日本Jr.

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ヨーロッパ選抜を迎えうつ翼たち全日本チームの試合を描いたTVアニメの劇場版第二作目。原作は高橋陽一の『週刊少年ジャンプ』に連載中の同名漫画。脚本は菅良幸。監督は矢沢則夫がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。

ストーリー

ヨーロッパ遠征から一年。今度はヨーロッパ選抜チームが来日した。シュナイダーをはじめ、皆、一段とたくましくなっていた。しかし対する日本チームは、日向小次郎が行方不明なうえ、若林源三に出場の許可が降りていなかった。ついに試合開始。V2をめざす翼たちに猛攻撃をかけるシュナイダーたち。だが、立花兄弟のトライアングル・シュートをフェイントにして、翼がゴール! 先取点は日本チームだ。その後、ヨーロッパの大反撃が始まった。スティーブ、ピエールのロングシュートが次々と決まり、逆転。森崎は顔面にシュートを受けて倒れてしまった。競技場内に源三コールがわき起こる。とうとう出場が許可され、若林が姿を現わした。若林はシュナイダーのシュートもみごとにキャッチ。そして、日向小次郎もグラウンドに戻って来た。日向のイーグル・シュートが、ゴールキーパーのヘフナーを吹き飛ばす。ついに同点。三杉淳とのコンビで翼は、ノートラップ・ランニング・ボレー・シュートを決め、逆転に成功。しかし、試合終了まぎわ、センター・スポットからシュナイダーが超ロング・シュート「ミラージュ・ボール!」。そして延長戦。三杉の死力をつくしたアシストに翼と日向が走る。「ツイン・オーバー・ヘッド・キック!」この瞬間、日本チームのV2が達成された。...

スタッフ

監督
脚本
菅良幸
原作
高橋陽一
製作総指揮
福良好申
プロデューサー
江津兵太
小平正夫
茂垣弘道
作画監督
岡迫亘弘
美術
内田好之
音楽
飛澤宏元

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1985年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 60分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

キャプテン翼J VOL.2[DVD] 新・キャプテン翼 Vol.1[DVD] エスパー魔美 DVD第7巻[DVD] エスパー魔美 DVD第18巻[DVD]
キャプテン翼J VOL.2[DVD] 新・キャプテン翼 Vol.1[DVD] エスパー魔美 DVD第7巻[DVD] エスパー魔美 DVD第18巻[DVD]
発売日:2006年8月25日 最安価格: ¥4,212 発売日:2002年9月19日 最安価格: ¥4,104 発売日:2007年12月21日 最安価格: ¥5,011 発売日:2008年2月22日 最安価格: ¥5,011
Powered by 価格.com

他のユーザーは「キャプテン翼 危うし!全日本Jr.」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi