LOVE COLLECTION ココロとカラダ
ホーム > 作品情報 > 映画「LOVE COLLECTION ココロとカラダ」
メニュー

LOVE COLLECTION ココロとカラダ

劇場公開日

解説

ベテランから気鋭・新鋭まで、6人の映画監督が挑む「ラブコレクション」シリーズの第2弾。モスクワ映画祭で最優秀女優賞を受賞した「blue」の安藤尋監督が、実際に起こった事件を元に、少女たちの恋愛にも似た友情と傷ついたココロとカラダの不透明さを描く。主演は「おぎゃあ。」の阿久根裕子と「花と蛇」の未向。

ストーリー

数年前、学校帰りの知美(阿久根裕子)は、森に挟まれた細い砂利道で友人・恵子(未向)の自転車が転がっているのを見つける。森の奥へ行くと、恵子は男にレイプされていた。知美は男の頭を石で殴り、恵子を救う。そして現在、恵子は過去をすべて捨て、東京で体を売って生きていた。そこに卒業以来逢っていなかった知美から連絡がくる。二人は再会し、恵子は自分のアパートに知美を泊める。翌日、恵子は部屋の鍵を知美に渡して仕事に出かける。知美は合鍵を作り、部屋に戻ると、見知らぬ男・西山(池内万作)が上がり込んでいた。西山が恵子の援助交際の相手だと知った知美は、恵子と同じようにしてくれと、西山に体を開く。戻ってきた恵子は、アパートから帰っていく西山を見かけ携帯電話にかけるが、彼は無視して去っていく。部屋に戻った恵子は、知美が西山と寝たこと、勝手に合鍵を作ったこと、そして再会したことで過去のことを思い出させたことに怒り、知美を追い出す。しかし、知美は怪我をしても立ち去ろうとしない。恵子は言う「ここにいたいのなら、あんたも働きな」。そして知美も体を売り始め、二人の奇妙な生活が始まる。...

スタッフ

監督
脚本
安藤尋
玉城悟
撮影
鈴木一博
音楽
大友良英

キャスト

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 ラブコレクション製作委員会
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • 映像に力あり この年代の女の子が本当に、こんな行動をするのかわからないけれど、(僕のようなおじさんには)そこにリアリティーがあるのかさえ分からないけれど、ある一人の、二人の女の子のお話としては、受け入れること... ...続きを読む

    水空色 水空色さん  2010年3月3日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ココロとカラダ
ココロとカラダ
2013年5月24日
¥500
ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合

「ラブコレクション」シリーズ関連作品

他のユーザーは「LOVE COLLECTION ココロとカラダ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi