ひばりの子守唄
ホーム > 作品情報 > 映画「ひばりの子守唄」
メニュー

ひばりの子守唄

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

原作はドイツのベスト・セラー小説ケストナーの『二人のロッテ』、渡邊一郎の脚本を、「夜の未亡人」の島耕二が監督に当っている。撮影は「誰が私を裁くのか」の相坂操一である。出演者は、「母を慕いて」の美空ひばりの二役、「舞姫(1951)」の山村聡、「名月走馬燈」の水戸光子などを初めとして、荒川さつき、杉狂児、捕邊粂子などである。

ストーリー

ある湖のほとりの夏期林間学校で、一番唄が上手でやんちゃなむすめはひばりであった。ところがここへ他の一団が到着し、そのなかにすみれというひばりに瓜二つの娘がいたが、すみれは気の優しいおとなしい娘だった。ひばりは最初のうちはすみれをいじめるが、ある日ふとした事件で二人が双生児であることがわかり、それ以来二人は何とかして今は別々の生活をしている父母たちと一緒に暮せるようにしようと誓い合う。その第一歩として、林間学校がすんだあとで、二人は入れ違いになってそれぞれの家へ帰って行く。ひばりは作曲家の父龍一の許にかえらず、すみれがこれまで一緒に暮していた母の許へ、すみれはまだ見ぬ父の許へと落着いたが、父や母は、娘が急に変って正反対の性格になったのにまごつく。ところが龍一に楽団のパトロンの娘千代子との縁談がもち上り、娘たちの心を転倒させる。二人が千代子の許へ談判に行って帰路、雨に当ったすみれが病気になり、初めて事情を知った父と母とは娘たちの両親を想う心に動かされ、四人が相寄ってたのしい生活に再出発することになった。...

スタッフ

監督
脚本
渡邊一郎
原作
エーリッヒ・ケストナー
撮影
相坂操一
美術
高橋康一
音楽
万城目正

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 84分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

ひばりの子守唄[DVD] 宙(そらから)[DVD] 踊る龍宮城[DVD] ロマンス娘[DVD]
ひばりの子守唄[DVD] 宙(そらから)[DVD] 踊る龍宮城[DVD] ロマンス娘[DVD]
発売日:2005年4月22日 最安価格: ¥3,791 発売日:2015年5月29日 最安価格: ¥20,520 発売日:2007年5月25日 最安価格: ¥3,201 発売日:2005年3月25日 最安価格: ¥4,044
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi