EGG(2002)
ホーム > 作品情報 > 映画「EGG(2002)」
メニュー

EGG(2002)

劇場公開日

解説

不気味な怪獣が体内に出現し、困惑、苦悩する一人の女性の姿を描いた実験色の強い怪獣映画。監督は、TV「池袋ウエストゲートパーク」、映画「トリック」「恋愛寫眞 Collage of our Life」と斬新な映像感覚で映画にTVドラマとあらゆるジャンルで活躍する堤幸彦監督。また、「Jam Films S」では監督をつとめた原田大三郎がVFXディレクターとして参加している。ヒロイン月子を演じるのは、ミス・コリアの栄冠に輝いたチョ・ヘヨン。そして氏家恵(「Jam Films/HIJIKI」、「ピカ☆ンチ」)、佐藤二朗(「溺れる魚」「恋愛寫眞 Collage of our Life」)、犬山イヌコ(TV『トリック2』「溺れる魚」)など堤組とでも言うべきクセモノぞろいのキャスティングが脇を固めている。

ストーリー

韓国人の若い女性・月子は不思議な映像に悩まされていた。子供の頃から目を閉じると見える、真っ赤な水のようなものに横たわる青い、“卵”のようなもの。医者に相談しても、それは自分の脳が作り出したイメージに過ぎないと一笑にふされてしまう。最近、その“卵”に皹が入り、奇妙な触手のようなものが顔を覗かせ塞いているのだ。次第に、月子の日常にはっきりと絡み付いてくるその映像。ある日“卵”の中の何者かが遂に正体を現した。それはグロテスクな多足類のような生物、鋭い牙が口の中に生え揃うおぞましいモンスターだった。やがてそのモンスターは月子の身体の中から彼女に向かって体当たりをしだした。激しいモンスターの攻撃により傷つく月子。ネット検索により自分の血筋に関する秘密を知り、又、モンスターの体当たりは攻撃ではなく愛情を求めての行動なのではというイメージを与えられた月子。だが執拗なモンスターの行動に対し、彼女が選んだ最終選択とは?...

スタッフ

監督
脚本
堤幸彦
原案
堤幸彦
製作
森重晃
梅川治男
市山竜次
撮影
唐沢悟
美術
稲垣尚夫
音楽
見岳章
録音
井上宗一
照明
石田健司
編集
伊藤伸行
助監督
丸毛典子
その他
原田大三郎

作品データ

製作年 2002年
製作国 日本
配給 スローラーナー
上映時間 73分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

EGG[DVD]
EGG[DVD]
発売日:2005年8月26日 最安価格: ¥3,876
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

EGG EGG
EGG EGG
2014年2月28日 2013年12月29日
¥500 ¥300
ビデオマーケット Google Play
※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi