ベアテの贈りもの
ホーム > 作品情報 > 映画「ベアテの贈りもの」
メニュー

ベアテの贈りもの

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

戦後の日本人女性の人権確立に多大な影響を与えた日本国憲法第14条及び24条の草案作成に携わったアメリカ人女性、ベアテ・シロタ・ゴードンさんの半生と、その功績を綴った長篇ドキュメンタリー。監督・脚本は「夢は時をこえて―津田梅子の紡いだ絆」の藤原智子。撮影を「伝説の舞姫 崔承喜 金梅子が追う民族の心」の海老根務が担当している。第78回キネマ旬報文化映画ベスト・テン第8位、第17回東京国際女性映画祭出品、2004年度日本映画ペンクラブ賞ノン・シアトリカル部門第3位、企業メセナ協議会認定、芸術文化振興基金助成事業作品。

ストーリー

“リストの再来”と謳われたピアニスト、レオ・シロタの娘として、1923年、ウィーンに生まれたベアテ・シロタ・ゴードンさん。5歳の時、山田耕筰に招かれ東京音楽学校(現・東京芸術大学)の教授となった父と共に来日した彼女は、第二次世界大戦を挟み再来日した際、日本国憲法の草案作成の委員に起用され、そこに女性の人権の確立を盛り込んだ。生憎、条文の多くはGHQの委員会で削除されたが、人権に関する14条と男女平等に関する24条に彼女が書いた条項の一部が残った。そして46年11月3日、日本国憲法公布。以来、日本女性の社会進出は目覚しい。46年には女性が初の選挙権を行使し、39名の女性議員が誕生した。また、労働省に婦人少年局が置かれ、山川菊栄が初代局長に選ばれた。47年、家父長制度が廃止、更に教育基本法が施行され男女共学が実現。その後も、“国連婦人の10年”の女子差別撤廃条約の批准、国籍法の改正、家庭科の男女共修、男女雇用機会均等法の成立など、真の男女平等を遂げつつある。日本で度々講演を行っているベアテさんは、最後にこう締め括った。「今の日本の女性は素晴らしいです。どうかこの憲法を一層生活の中に活かし、今度は世界の女性たちのために働いて下さい」と。...

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 「ベアテの贈りもの」製作委員会
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ベアテの贈りもの」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi