惑星大怪獣 ネガドン
ホーム > 作品情報 > 映画「惑星大怪獣 ネガドン」
メニュー

惑星大怪獣 ネガドン

劇場公開日

解説

実写映像を一切使用せず、すべてをCGだけでつくり上げた異色の怪獣特撮映画。若手映像クリエイターの粟津順監督が、音楽と声優以外のすべてを一人で手掛けた。全編が3DCGによる制作でありながら、1950年代のフィルム画質を彷彿させる独自の映像エフェクト「粟津フィルター」の開発や、特撮映画におけるミニチュア使用の撮影方法の再現など、各所に数々の特撮映画へのオマージュが込められている。

ストーリー

昭和百年。人類の脅威は宇宙から来る…。昭和百年を迎えた近未来。世界の人口は100億を超え、資源探求のための宇宙開発事業「火星テラフォーミング計画」が国際規模で進行していた。ロボット工学の権威・楢崎龍一は、かつての研究助手・吉澤に、ロボット研究の再開を依頼されるが隠遁生活のなか科学の誤用も懸念し、その申し出を断る。そんな中、火星より帰還途中の宇宙船貨物「いざなみ」が日本に墜落。落下した「いざなみ」に積載されていた怪獣ネガドンが墜落現場から覚醒。ネガドンは強力な破壊能力を有し、首都東京に向け侵攻する。人間の放つ攻撃をいとも簡単に打ち砕くネガドン。その模様をつぶさに映し出すTV映像を見つめる楢崎の脳裏に、事故で亡くした娘・恵美との約束が蘇る。「ロボットが人類の為に活躍する未来を創るのが、父さんの夢だ」。亡き娘との約束、そして科学と人類の未来を守るため、楢崎は立ち上がる。彼が向かった先は、彼自身が科学の結晶をかけ作り出したロボット・MI-6(ミロク)二号機。かくして、楢崎操る巨大ロボットMI-6二号機と、宇宙怪獣ネガドンの天地をも揺るがす壮絶な死闘が始まった。...

スタッフ

監督
脚本
粟津順
原作
粟津順
音楽
寺沢新吾
音響効果
寺沢新吾
ナレーション
貴志昌文
その他
粟津順

キャスト

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 コミックス・ウェーブ
上映時間 25分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

惑星大怪獣 ネガドン
惑星大怪獣 ネガドン
2013年12月27日
¥162
バンダイチャンネル

他のユーザーは「惑星大怪獣 ネガドン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi