乱歩地獄
ホーム > 作品情報 > 映画「乱歩地獄」
メニュー

乱歩地獄

劇場公開日

解説

怪奇ミステリー小説の巨人・江戸川乱歩の未映像作品4作を、個性派監督陣が映画化。監督陣は映像ディレクターの竹内スグル、「D坂の殺人事件」以来、7年ぶりに乱歩作品を手掛ける実相寺昭雄、ピンク映画界の鬼才・佐藤寿保、若者にカリスマ的人気を誇る漫画家・カネコアツシ。キャストは浅野忠信、成宮寛貴、松田龍平。いずれも独特の色気を備えた男たちが、各エピソードで主演を務める。

ストーリー

荒野を歩き続けていた男の意識が、やがて錯乱の淵へ堕ちていく悪夢譚、「火星の運河」。殺人事件の現場に残された和鏡の謎を追う、美青年・透と明智小五郎の物語「鏡地獄」。廃墟でひっそりと暮らす、胴体だけの夫とその妻の奇行を、一人の男が屋根裏から監視し記録する「芋虫」。恋焦がれる女優を殺害した運転手の、異常な執着を描く「蟲」。4つの物語は、やがてひとつの大きな流れへと向かっていく。...

スタッフ

原作
江戸川乱歩
プロデューサー
宮崎大

キャスト

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 134分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全1件)
  • これは、緒川たまきを観る為の映画である。 この映画で観るべき点は、ただひとつ。 緒川たまき演じる、『蟲』の女優「木下芙蓉」である。 その立居振舞、衣装、台詞が、たまらなくエレガントで非現実的なのだ。 ただ登場するのは、全編からしてみたら... ...続きを読む

    tomohisadaa tomohisadaaさん  2015年4月3日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「乱歩地獄」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi