本流 The 63-day challenge
ホーム > 作品情報 > 映画「本流 The 63-day challenge」
メニュー

本流 The 63-day challenge

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

長野県小谷村にある“冒険学校”で開催された「冒険教育指導育成コース」に参加した女性12人の姿に密着したドキュメンタリー。63日間にわたって冒険教育の指導者に必要な様々な技術や知識を身につける非常に過酷なトレーニング・プログラムに参加した女性たち、それぞれの胸の内を探っていく。

ストーリー

長野県北安曇郡小谷村にある冒険学校、日本アウトワード・バウンド・スクール(通称・OBS)は、世界24カ国に35校のネットワークを持つ、世界的冒険教育機関である。そこでは毎年、冒険教育指導育成コースを開催している。参加者の多くは、本格的な野外活動経験のない素人。そのほとんどが「自分のやりたいことをやってみたい」との想いから、会社を退職したり、学校を卒業しての参加。年齢も20歳代前半から40歳を越えた人までと、実にさまざまだ。63日間という時間に66万円という代価を費やし、みんな自分の思いに懸けている。プログラムは、小田原から日本海までを人力だけで横断することから始まる。そして、冒険教育に必要なハードスキル(ロッククライミング、カヤック、登山、沢登り)、野外救急法、ソフトスキルを、彼女たちは徹底的に学んでいく。沢登りでは、滝の水圧に押しつぶされそうになりながら流れの本流を登っていく。ソフトスキルでは自分自身の考え方、性格など、自分の素の部分があらわになっていく。過酷なトレーニングに、体力も精神もぼろぼろになっていく。そうして指導者コースを卒業しても、野外活動関係に就職できるのは、参加者全体の3割程度だと言う。彼らは何故、それほどまでの代価を支払って、このプログラムに参加するのだろうか。そこに何を期待し、何を見いだそうと思っているのか?...

スタッフ

監督
脚本
石倉俊文
企画
村上安弘
プロデューサー
村上安弘
波多野剛成
広瀬守
撮影
田畑雅丈
神吉良輔
音楽
久保博子
山根ひろみ
江口藝子
音楽プロデューサー
江口祐介
録音
波多野剛成
編集
村上安弘
大泉渉
選曲
上野裕
その他
出口佳代

キャスト

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 「本流」上映委員会
上映時間 89分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi