土方巽 夏の嵐
ホーム > 作品情報 > 映画「土方巽 夏の嵐」
メニュー

土方巽 夏の嵐

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

1950年代末からの戦後日本のアヴァンギャルド・アートのムーブメントの渦中から立ち現れてきた“舞踏”。その舞踏の創始者として今なお燦然たる輝きを放つ土方巽は、やがて“暗黒舞踏”を確立する。1973年に自らの舞踏を封印した土方巽の、映像として残された最後の公演「夏の嵐 燔犧大踏鑑」を、最新のデジタル技術で甦らせたドキュメンタリー。

ストーリー

2003年5月のある日、渋谷駅前の巨大な三つの街頭スクリーンに突如、反時代的な異形の人々の異様にも見える、まがまがしい動きが写し出された。それは、30年前の京都大学構内での土方巽らの、伝説と言われる最後の舞踏公演の映像だった。舞踏公演が行われた1973年6月、超満員の観衆の前で、舞踏の創始者である土方巽は、生涯に一度、東京以外の地で踊った。芦川羊子、小林嵯峨、玉野幸市、和栗由紀夫ほかの今も一線で活躍する弟子たちを擁した土方巽は、自ら「少女」を踊る。尾底骨で重心を取り、両手足を宙に泳がせて冒頭から挑発的なまなざし。女たちを中心とした場面の最初の演目「草摘みの少女」。「戦争は田の草取りよりも楽だ…」飯島耕一の詩「八月の詩」を読む若き日の土方巽の肉声に、男たちが立ちすくみ、指でささやきあい、凧の糸であやつられる「盆の精霊」。公演名を「夏の嵐」と名づけた由来であろう。二つ目の踊りに土方は、ハンセン病を出した。それは、ひとりであることの愉悦、孤絶感を体現した、これこそが、土方舞踏世界の集大成ともいえる全12景である。しかし土方巽はこの年を最後に、舞踏手としての自らに終止符を打ったのだ。映像の最後に映し出されるのは、土方巽の生まれ故郷である秋田の映像である。天上に向かって跳躍する欧米のダンスに対して、土方巽の舞踏が、地を踏み床をはう独自の身振りを生み出した舞踏の原風景が、ここにある。アンダーグラウンド舞踏の筆頭・暗黒舞踏と言われるその頂点の映像とも呼べるドキュメンタリー。...

キャスト

作品データ

製作年 2003年
製作国 日本
配給 イメージフォーラム=荒井事務所
上映時間 71分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi