美女缶
ホーム > 作品情報 > 映画「美女缶」
メニュー

美女缶

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

2003~2004年、PFF(ぴあフィルムフェスティバル)をはじめ、国内外の映画祭で数々の賞を受賞した異色SFコメディ。美女が生まれる不思議な缶詰“美女缶”を手に入れた青年と“美女”の恋愛を、キュートに描く。監督は、当時若干26歳の筧昌也。映像ユニット「poos works」で日芸在学中より活躍し、現在はフリーの映像ディレクター、イラストレーター、マンガ家として活動中。同時上映に、短編「ロス:タイム:ライフ」「ハリコマレ!」。

ストーリー

彼女の仕事の関係で、同棲生活にピリオドを打った健太郎(藤川俊生)は、新居に引っ越して来たばかり。演劇青年だった彼だが芽の出ないまま大学4年生となり、夢を諦め、今まさに就職活動を始めようとしている。何もかも心機一転しようと、彼女(木村文)にも別れを切り出したいのだが、なかなか言い出せずに、ずるずると関係は続いていた。ある日、健太郎は信じられない光景を目撃する。毎日同じランニングシャツを着て何の仕事をしているのかよく分からないブオトコの隣人、富岡(小沢喬)の部屋から、毎朝、美女が出てくるのだ。それも大勢。「彼女?それとも?」。美女たちを見て以来、健太郎は就職活動はおろか何も手につかなくなり、こっそりと謎を探ることに。そしてそのうち、一つの缶詰の存在を知ることになる。その名は「美女缶」。富岡は毎朝たくさんの「美女缶」のカラを、ゴミに出しているのだった。不可解に思った健太郎は、富岡の留守の間に部屋に忍び込み、その缶をひとつ盗み出してしまう…。缶に書かれた「美女製造法」に従って、部屋のお風呂場で美女を製造する健太郎。やがて生まれたのは、美女・美知川ユキ(吉居亜希子)だった。無条件で健太郎を恋人と信じるユキ気に、最初こそ戸惑うものの、健太郎はあこがれの美女ライフを満喫するように。同時に、彼女との仲はどんどん疎遠になってゆく。隣人・富岡も、ユキの存在に疑問を感じ始めているようだ。健太郎とユキの幸福は、いつまでも続いてゆくかのように思えたが……。...

キャスト

作品データ

製作年 2003年
製作国 日本
配給 バイオタイド
上映時間 61分

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

美女缶
美女缶
2016年4月29日
¥432
青山シアター

他のユーザーは「美女缶」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi