十三通目の手紙のレビュー・感想・評価

メニュー

十三通目の手紙

劇場公開日 2004年6月12日
1件を表示 映画レビューを書く

彼らを指導する立場の大人の不完全さこそが、問題だと。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「十三通目の手紙」(亀田幸則監督)から。
舞台劇を映画化しただけあって、撮影は、セットの「ジャズバー」のみ。
しかし、逆に脚本がしっかりしているからだろうか、
112分間、飽きることなく、推理小説を読んでいるかのように、
一人ひとりの台詞も輝いていて、私のメモも増えた。
特に「若い人の指導方法について」は、なるほど・・と頷いてしまった。
無くなった社長からの手紙の一部であるのだが、こう書いてあったという。
「若者が不完全なのは、当り前。不完全だからこそ、若者なんだ。
それよりも、彼らを指導する立場の大人の不完全さこそが、問題だと。
彼らにこうなって欲しいと、いう人間に我々はなっているのか。
あるいは、そうなろうと努力しているのか。
世の中にも時代にも媚びずに、自分の信じる道を懸命に生きれば、
彼らだって自ずと後を追うはずだし、意見にも耳を傾けてくれるはずだ。
そうなれば、余計な説教などする必要はない」
歳を重ね、若者を指導する立場になった私たち年代にとって、
とても耳が痛い話であるが、今一度、自分の役割を認識するには、
とてもいい映画に出会った、と感謝している。
「神様と宗教との違い」「金を盗まれた時、盗まれた方の責任」など、
私が疑問に思っていたことや悩んでいたことも、ある程度、解決した。
こういった映画も意識的に探して、観ていきたい。

shimo
shimoさん / 2013年8月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi