熊笹の遺言
ホーム > 作品情報 > 映画「熊笹の遺言」
メニュー

熊笹の遺言

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

政府や世間の病気に対する無理解から、長年に渡って不当な強制隔離と差別、偏見に苦しめられてきたハンセン病患者。2001年、裁判でようやく国の政策の誤りと人権侵害が認められた今日に、改めて悲劇の歴史を振り返り現在の元患者たちの素顔を見つめたドキュメンタリー。監督・今田哲史が日本映画学校の卒業製作として撮り上げた本作は、「第7回JPPA AWARD 2003」学生部門カテゴリーIIエンディング部門ゴールド賞、第2回横濱学生映画祭学校対抗部門優秀賞(グランプリ)、第13回あきた十文字映画祭北の十文字賞&観客賞、Az contest2003準グランプリ&観客賞を受賞した。

ストーリー

ハンセン病違憲・国賠訴訟の全面勝訴から1年、群馬県草津町にある栗生楽泉園では今も250人以上が暮らしている。裁判のリーダー的存在だった谺雄二さんもこの園に暮らす元患者の一人。現在は、ここを誰もが自由に出入りする開かれた場所にしたいと、この療養所を総合医療福祉施設にするための活動を続けている。しかし一方では、この療養所をでて社会生活を送りたい思いが彼の心の中に捨てきれずにいる。そんな彼の帰りたくても帰れない場所、彼が産まれた東京界隈の下町、足立区。谺さんは自分の原点を見つめるために故郷へと向かう。浅井あいさんは、長年連れ添った夫を4年前に亡くす。盲目のあいさんは、故郷金沢にいる目の不自由な少年と文通を始める。それから約半年後、少年はあいさんに会いに楽泉園に向かう。50年ほど前から絵を描き続けている鈴木時治は、視力が失われてゆく中、亡き妹への想いを描き続ける…。彼はその妹の絵を胸に抱き利根川へと向かう。裁判の勝訴から約1年、長い隔離生活を送った彼らがそれぞれの思いを胸に社会と向き合っていく。...

スタッフ

監督
製作総指揮
原一男
プロデューサー
原田芙有子
撮影
剣持文則
録音
大池正芳
編集
今田哲史
原田芙有子

キャスト

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 「CINEMA塾」
上映時間 60分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「熊笹の遺言」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi