チルソクの夏のレビュー・感想・評価

メニュー

チルソクの夏

劇場公開日 2004年4月17日
1件を表示 映画レビューを書く

上野樹里最高だった

最近のテレビでの上野樹里はパッとしないように思うが、デビューの頃はすばらしかった。仲良し女子高生3人組の中でおちょけた役回りだが、主役を食うずば抜けた魅力を感じさせる。天然の魅力というより、器用さや頭の良さが目立つように思う。

ストーリーは真面目そのもの、直球勝負だが、そこがまた上野樹里の魅力を際立たせている。まわりが真面目だから、「私、こんなんでいいですか?」みたいなとまどいが、ストレートに伝わってくる。コミカルな演技も控えめで、そこが女優の真摯な性格を浮き彫りにする。

主役の日本人高校生が韓国人高校生と密会する場面を、上野樹里は仲間の女子高生とこっそりと目撃する。ここがクライマックスのシーンだが、この場面に感激した上野樹里は泣きながら「なごり雪」を歌いながら2人を祝福する。このマンガそのもののシーンも上野樹里のおかげで持ちこたえてしまうのである。

ストーリーをすべて飲み込み、自身の演技で消化してしまう女優であった。今は少し残念だが、今後の展開に期待したい。評価は上野樹里だけに対する評価です。映画はどうっていうことのない普通の映画です。

yanpaken
yanpakenさん / 2015年2月18日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi