ヒバクシャ 世界の終わりに
ホーム > 作品情報 > 映画「ヒバクシャ 世界の終わりに」
メニュー

ヒバクシャ 世界の終わりに

劇場公開日

解説

イラク・日本・アメリカ、世界各地に生きる“ヒバクシャ”たちの声を取材した長篇ドキュメンタリー。監督は、本作が劇場用初監督作となる『坂本龍一 銀行の未来―続 エデンの遺言』の鎌仲ひとみ。撮影を『授業としての入学試験』の岩田まき子と、家塚信が担当している。第77回キネマ旬報文化映画ベスト・テン第8位、日本映画ペンクラブ賞会員選出ベスト5ノン・シアトリカル第5位、芸術文化振興基金助成事業、国際交流基金助成事業作品。

ストーリー

湾岸戦争後のイラクでは、白血病や癌にかかる子供の数が激増していた。米軍が使用した劣化ウラン弾から放出された放射能による“体内被曝”が原因と思われるが、未だその因果関係は科学的に証明されていない。1998年、バグダッドの病院で知り合った14歳の少女・ラシャが白血病で亡くなったのをきっかけに、鎌仲監督は世界のヒバクシャたちの声を聞く旅に出る。自らも広島で被爆し、その後57年間、ヒバクシャの医療に携わってきた肥田医師。劣化ウラン弾によって汚染されたバスラに暮らす白血病の少年・ムスタファや、長崎で体内被曝した人々。そして、ワシントン州にあるプルトニウム製造のハンフォード工場の風下で農業を営むトム・ベイリーさんは、ヒバクシャと認められないまま死んでいった多くの犠牲者を代表し政府を訴え続けている。肥田医師が興味深い統計を纏めた。それによると、チェルノブイリ原発事故の丁度10年後、東北・北海道地方で乳癌や乳幼児の死亡率が格段に増えており、このことから、もし放射能と癌発生の因果関係が証明されれば、放射能は時間をかけて日本にまで降り注いでいると考えられるのだ。だがそれなのに、またしても米英軍はイラクに約2000トンもの劣化ウラン弾を落とし、日本でも53基の原発が稼働、六ヶ所村の再処理工場も試運転を始めようとしている。...

作品データ

製作年 2003年
製作国 日本
配給 グループ現代
上映時間 117分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • 劣性遺伝・・ひ孫が危ない ネタバレ! 映画「ヒバクシャ」(世界の終わりに)(鎌仲ひとみ監督)から。 巷で大騒ぎしている原爆・原発の放射能ではないが、 戦争で使用されている劣化ウランから出ている放射能の怖さを、 イラク・バグダットに生... ...続きを読む

    shimo shimoさん  2012年7月19日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ヒバクシャ 世界の終わりに」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi