ホテル ビーナス
ホーム > 作品情報 > 映画「ホテル ビーナス」
メニュー

ホテル ビーナス

劇場公開日

解説

心に傷を負った人々が暮らすホテルを舞台に、心の触れ合いを通し住人たちが再生していく姿を描出する、日本映画初の全篇韓国語によるドラマ。監督は、バラエティ番組『チョナン・カン』などの演出を経て、本作で劇場用映画デビューを飾ったタカハタ秀太。脚本は、CMプランナーとして活躍する麻生哲朗。撮影を「まぐろのしっぽ/おさむ大作戦」の中村純が担当している。出演は、「黄泉がえり」の草塙筺◆峽狆貳搬ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」の市村正親、『ウララ・シスターズ』のコ ドヒ、『TUBE』のパク ジョンウ、「嗤う伊右衛門 Eternal Love」の香川照之、「壬生義士伝」の中谷美紀、『無分別な妻と波乱万丈万丈な夫そして太拳少女』のチョ ウンジ、映画初出演のイ ジュンギら。

ストーリー

最果ての街。うらぶれた喫茶店“カフェ ビーナス”の奥にある“ホテル ビーナス”には、心に傷を負った流れ者たちが住んでいる。1号室には酒浸りの元闇医者“ドクター”と、ホステスとして働きながら生活を支える元看護婦の“ワイフ”が、3号室には花屋を開くことを夢見る娘“ソーダ”が、4号室には殺し屋を自称する少年“ボウイ”が暮らし、屋根裏部屋である0号室の住人“チョナン”は、恋人を亡くし生きる気力を失って3年前にホテルに来て以来、カフェのウエイター兼ホテルの世話係をしていた。そして、そんな彼らを温かく見つめるのが、片足の不自由な謎の女主人“ビーナス”だ。ある日、新しい住人がやって来た。無口な男“ガイ”と彼の義理の娘“サイ”である。ガイは、不治の病に倒れたサイの母親を愛しているが故に殺め、警察に追われる身の上。しかし、彼の気持ちを理解仕切れないサイは、母親を失ったショックから心を閉ざしていた。そんな彼女を温かく囲んでやるうちに、自身の人生を見つめ直すようになっていくホテルの住人たち。「生きているから色んなことがあるのではなく、色んなことがあるから生きるのだ」 それから半年後、それぞれに再起し新しい人生を歩み始めたチョナンたちのもとに、新しい客が訪れる。だがその時、ビーナスが静かに息を引き取るのだった……。...

キャスト

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 Asmik Ace=Shochiku
上映時間 125分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全1件)
  • 草なぎくんの演技はやっぱりいいよ。 なぜ、全編韓国語?というのはあるんだけれども、映像としてのスタイルで貫き通したいことはなんとなくわかった。 でも、それほど面白くはないストーリーなんだけれども、草なぎくんの演技は良かったな。なん... ...続きを読む

    まお まおさん  2018年1月3日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ホテル ビーナス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi