ゼブラーマンのレビュー・感想・評価

メニュー

ゼブラーマン

劇場公開日 2004年2月14日
4件を表示 映画レビューを書く

これはヒーロー映画ではない。

かつては本気でなりたかった、なれると思っていた特撮ヒーロー。
僕はその気持をいつか何処かに置いてきてしまったが、その少年の心を大人になっても持ち続け、遂に真のヒーローとなる。

ただ、この場合のヒーローは通常ヒーロー映画で語られるような自己犠牲や人命救助などの要素はフィーチャーされておらず、
むしろ利己的といっていいほどにヒロイックではありません。
(自分の息子だけを助けたり、未亡人といい雰囲気になったり…)

だがこのゼブラーマンのいいところはそういった等身大なところにあるのではないでしょうか
彼の「ゼブラーマンになりたい欲」は、彼自身の引っ込み思案、いわゆる弱さの反動でした。
夜中に出かける娘に強くも言えず、いじめられている息子を目の前にしても何もすることができず。。彼の「強くなりたい欲」は次第に大きくなります。
コスプレして外出するなど、完全にこじらせていますがこれは比喩です!彼は長所を伸ばしているのです!

「やばい…浅野さんに見せたい…!」

好きなことを貫き、少しずつ「なりたい自分」になってゆくのです。
本物になったときのコスチューム、見得を切る感じ。
めちゃかっこいいです。最初とは雲泥の差。

ちょっと疑問に思う部分もありましたがそこは理解不足。ジョークとして処理しました。
・浅野家にカニ男が現れるシーン
・ゼブラナース
・ある人物がたびたび漏らしてしまう原因
・及川にぶっ飛ばされたエイリアンの末路

それと忘れてはいけないのが渡部篤郎さんが扮する不真面目な防衛省 及川。
反発心を不真面目という態度で表現する弱い人間だったけど、命令に背いたシーンにはぐっと来ました。
彼の反発心(怒りではなく、やるせなさ)がにじみ出る顔の演技が始終良かったです。

彼は宿命のレールから飛び立つことができるのか?
ゼブラーマンは空を飛べるのか?

bradyryo
bradyryoさん / 2017年7月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宇宙人(笑)

哀川翔の甲高い声が耳に残る。
技術的にハイクオリティの特撮を望むべくもないが、ゼブラーマンのスーツ自体が如何にも特撮のスーツと言う感じなので、他が少々変でも許せてしまう空気になっている。
ゼブラーナースとかネタに走りすぎだろうとか思ったが、ラストは白黒ついて良かった(笑)

うにたん♪
うにたん♪さん / 2016年9月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キックアスを見て、思い出した ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

哀川さんが特別な力の無いヒーローだなんて言ってましたけど、普通に超能力を持つヒーローでしたね、それなりに面白かったですけど監督、脚本家共に全くヒーローに理解が無いのも伝わってきました
キックアスを見た後で思い出したので、書きました

スノークの息子
スノークの息子さん / 2014年2月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

哀川さん・・・

哀川さんはなぜこの映画に出たんだろう(笑)
あくまでも私の意見ですが子供向けすぎて大人はちょっと真剣にみるのは辛い!?途中寝てしまい巻き戻しながら見ました。
しかし、信じれば願いは叶う!!という単純なストーリーは逆に夢を与えることができて子供には良い映画かも!

singjay
singjayさん / 2010年10月16日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi