映画ドラえもん のび太と銀河超特急
ホーム > 作品情報 > 「映画ドラえもん のび太と銀河超特急」
メニュー

映画ドラえもん のび太と銀河超特急

劇場公開日

解説

宇宙旅行に出かけたのび太やドラえもんたち仲間と、銀河系侵略を企む知的生命体との戦いを描いたファンタジー・アニメーション。監督は「ドラえもん のび太の創世日記」の芝山努。原作・脚本は96年に惜しくも亡くなった藤子・F・不二雄の劇場用オリジナル長篇。シリーズ通算第18作にあたる。

ストーリー

ある日、ドラえもんは22世紀で人気の、宇宙空間を走るミステリー列車のチケットを購入して、のび太と一緒に行き先の分からない宇宙旅行へ出発した。途中からジャイアン、スネ夫、しずかも加わって、旅はますます楽しいのものになっていく。列車の行く先は、ハテハテ星群にある宇宙最大のテーマ・パーク“ドリーマーズ・ランド”だった。この星群は小惑星ひとつひとつが巨大な遊園地に改造されており、のび太とドラえもんは“西部の星”で22世紀の少年・アストンたちにバカにされながらも活躍を見せた。一方、ジャイアンとスネ夫は“忍者の星”でちょっとだけ忍術を使えるようになり、それぞれ楽しい一時を過ごしていた。だがそのころ、ハテハテ星群乗っ取りを狙う侵略者・ヤドリの魔手がひそかに伸びていた。天帝と呼ばれるリーダーに率いられたヤドリは、別の生物に乗り移ってはその体を自由に操って、いろんな星を侵略する知的生命体だった。ヤドリはハテハテ星群の従業員やアストン、スネ夫にまで乗り移って侵略を開始する。危ないところを銀河超特急で逃げ出したのび太たちだったが、アストンに乗り移ったヤドリたちに見つかって、攻撃を受けた。とある星に落ちたのび太たちは、しずかの発見したヤドリの弱点である“真空ソープ”を武器に戦いを挑む。激しい戦いの末、天帝を倒してハテハテ星群や銀河超特急の乗客を救ったのび太たちは、無事に地球へと戻っていった。...

スタッフ

監督
監修
楠部大吉郎
脚色
藤子・F・不二雄
原作
藤子・F・不二雄
制作総指揮
藤子・F・不二雄
プロデューサー
別紙壮一
山田俊秀
木村純一
作画監督
富永貞義
撮影監督
高橋秀子
特殊撮影
渡辺由利夫
美術監督
川口正明
美術設定
沼井信朗
音楽
菊池俊輔
主題歌
山野さと子
海援隊
録音監督
浦上靖夫
編集
岡安肇
制作デスク
市川芳彦
大澤正享

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1996年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 97分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全1件)
  • 何回も観た 思い出補正が間違いなくあるけど…あのテーマパークのワクワク感と、終盤のちょっと寂しい感じが忘れられない エンディングの力が強いと思う、海援隊の私のなかの銀河という曲 車掌さんのアナウンスに続いて... ...続きを読む

    じーくぶっく じーくぶっくさん  2015年8月27日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「ドラえもん」シリーズ関連作品

他のユーザーは「映画ドラえもん のび太と銀河超特急」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi