映画ドラえもん のび太と雲の王国
ホーム > 作品情報 > 「映画ドラえもん のび太と雲の王国」
メニュー

映画ドラえもん のび太と雲の王国

劇場公開日

解説

天空の世界を舞台にドラえもんとその仲間達の活躍を描いたアニメ。藤子・F・不二雄原作の同名コミックの映画化第13作で、脚本も藤子・F自身が執筆。監督は前作と同じく芝山努。作画監督は富永貞義と渡辺歩がそれぞれ担当。東宝創立60周年記念作品。

ストーリー

天国の存在を信じるのび太は皆にバカにされてしまい、ドラえもんの力を借りて天空に雲の王国を作り上げる。ところが空には別の王国があり、ドラえもん達はその王国に迷い込む。絶滅した動物が集められたその王国で、パルパルという少女と出会い、宿舎に案内されるが、素晴らしくもどこか怪しい世界に不安になってドラえもん達は脱出する。ところがしずか達が追っ手に捕まり、地上征服を企むグリオのノア計画の裁判で地球人代表として裁かれることに。そしてドラえもんとのび太は、ドンジャラ村のホイやタガロの力を借りて、しずか達を助けだし、地上絶滅の危機を救うのだった。...

スタッフ

監督
脚本
藤子・F・不二雄
楠部大吉郎
原作
藤子・F・不二雄
製作総指揮
藤子・F・不二雄
プロデューサー
別紙壮一
山田俊秀
小泉美明
アニメキャラクター・デザイン
富永貞義
作画監督
富永貞義
渡辺歩
監修
楠部大吉郎
撮影
高橋秀子
美術
沼井信朗
美術設定
川本征平
音楽
菊池俊輔
主題歌
武田鉄矢
録音監督
浦上靖夫
整音
大城久典
効果
柏原満
編集
井上和夫
渡瀬祐子
整音助手
内山敬章

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 98分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全2件)
  • これは政治もの。 ネタバレ! 環境問題とプロパガンダと核の抑止力と外交のはなし。 地上代表にされたジャイアンたちを感情移入した子供たちが観たのか。Fの凄まじいな。 あと壊れてるドラえもんの隣にいるのび太が切なくてしょうがない。 ...続きを読む

    Peinyo Peinyoさん  2016年7月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • あ〜これか 毎度毎度、これ最初から最後までちゃんと観たことないんだよね…と思って観始めて、観終わってからあ〜これな、となるやつ。要はぱっとしない ...続きを読む

    の さん  2016年1月11日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「ドラえもん」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi