映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史
ホーム > 作品情報 > 「映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史」
メニュー

映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史

劇場公開日

解説

はるか宇宙の彼方の星でくり広げるドラえもんとのび太の冒険を描く。「コロコロコミック」「てれびくん」に連載中、テレビ朝日系でTV放映中で映画化第二作目。原作・脚本は「ドラえもん のび太の恐竜」の藤子不二雄、監督は西牧秀夫、撮影は小池彰と高橋明彦がそれぞれ担当。

ストーリー

超空間のもつれで、偶然、のび太の部屋の下が、宇宙の星コーヤコーヤの入口になっていた。コーヤコーヤに降りたのび太とドラえもんは、洪水で流された宇宙船をさがすロップルと星猫チャミーの一家に会った。タケコプターで土に埋れた宇宙船を発見してやるドラえもん。ある日、二人はジャイアン、スネオ、しずかを誘ってコーヤコーヤへ案内した。みんな重力の小さい星でとびはねて大喜びだ。この星のエネルギー源ガルタイト鉱石をひとりじめにして大もうけを企む会社があった。そして、星を無人にして星全体を爆発させ、宇宙空間に散らばった鉱石を拾い集め、手間をはぶこうとしていた。そのため、住民を追い出そうといやがらせを繰り返し、ロップルの父親も殺されてしまった。彼らは星に時限爆弾を仕掛けた。チャミーから危機を知らされたしずかたちは悪人たちに向かう。重力の小さなこの星で地球人はスーパースターだ。バットで巨大な石をボールのように打ちまくる。ドラえもんも、四次元ポケットから出したジャイロカプセルで大暴れ。のび太の射的の腕も役に立った。激戦の末、みんなの大活躍で悪人たちをやっつけることができた。...

スタッフ

監督
監修
楠部大吉郎
脚本
藤子不二雄
原作
藤子不二雄
プロデューサー
別紙壮一
菅野哲夫
レイアウト
椛島義夫
作画監督
富永貞義
撮影
小池彰
高橋明彦
美術
川本征平
音楽
菊池俊輔
録音
浦上靖夫
大熊昭
整音
中戸川次男
編集
井上和夫

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1981年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 91分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全1件)
  • 異世界の住人との交流 ネタバレ! 数ある【劇場版ドラえもん】の作品の中でも、自分のベスト3に入る名作です。 ある日突然、のび太の部屋の畳とコーヤコーヤ星の宇宙船の扉が繋がってしまい、そこから、のび太達とコーヤコーヤ星の少年との交... ...続きを読む

    だいすけ だいすけさん  2009年2月18日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「ドラえもん」シリーズ関連作品

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi