美しい夏キリシマ
ホーム > 作品情報 > 映画「美しい夏キリシマ」
メニュー

美しい夏キリシマ

劇場公開日

解説

1945年の宮崎のある農村を舞台に、ひとりの少年と村人たちの日々の営みから戦争の実態を浮き彫りにする人間ドラマ。監督は「スリ」の黒木和雄。黒木監督の実体験を基に、松田正隆と監督自身が共同で脚本を執筆。撮影を「月の砂漠」の田村正毅が担当している。主演は新人の柄本佑。第77回本誌日本映画ベスト・テン第1位、監督賞受賞、日本映画新人男優賞(柄本佑)受賞。日本映画ペンクラブ賞会員選出ベスト5日本映画第1位、日本映画ペンクラブ特別推薦、エキプ・ド・シネマ発足30周年記念第一弾、文部科学省選定、優秀映画鑑賞会推薦作品。

ストーリー

1945年8月、霧島を望む宮崎のある農村。空襲で同級生を失ったショックから体調を崩し肺浸潤と診断された中学3年生の日高康夫は、満州に住む両親と別れ、厳格な祖父・重徳と優しい祖母・しげの下でぼんやりと自宅療養の日々を送っていた。そんな彼に、想いを寄せる従姉の世津子。だが、彼女の気持ちを察するほど、彼は大人ではない。村には中国大陸から引き揚げた兵士たちが駐屯し、本土決戦に備えて演習に余念がなかった。その中のひとり・豊島一等兵は、日高家の奉公人であるなつの小作人の母・イネと密会を重ねている。日高家のもうひとりの奉公人・はるが、重徳の強い勧めで戦地で片足を失い帰国した秀行と結婚することになった。はるの祝言に合わせ、嫁ぎ先の都城から里帰りした康夫の叔母・美也子は、出撃を控えた海軍少尉・浅井と秘かな想いを通わせていたが、彼を戦地へ送り出す日が来てしまう。ある日、空襲で見殺しにした友人の幼い妹・波に許しを乞いに行った康夫は、彼女に兄の仇を討ってくれるよう言われる。ところが、何を相手に戦えばいいか判らない彼は、ただ竹槍を携えて掘った穴に身を潜めるばかりだ。やがて、終戦が訪れた。信じていたものを失った重徳は一気に老け、イネはひとり息子の稔を連れて村を出て行った。そして、康夫は進駐して来たアメリカ軍に竹槍を振り回すも、彼らが威嚇発砲した銃の音に驚き倒れる。...

スタッフ

監督
脚本
松田正隆
黒木和雄
プロデューサー
仙頭武則
制作統括
中村哲也
撮影
たむらまさき
美術
磯見俊裕
装置
平子吉文
亀園政文
装飾
須坂文昭
音楽
松村禎三
録音
久保田幸雄
音響効果
帆苅幸雄
照明
佐藤譲
編集
阿部亙英
衣裳
二宮義夫
宮本茉莉
ラインプロデューサー
金森保
制作担当
金子堅太郎
森井輝
助監督
原正弘
スクリプター
内田絢子
スチール
佐々木美智子
視覚効果
灰原光晴
3DCG
渡川豊也
三浦稔子
2DCG
佐々木弥生
岸浦秀一
岸浦敏雄
巻木良孝
柴田匠成
特殊メイク
原口智生
伊藤成昭

キャスト

作品データ

製作年 2002年
製作国 日本
配給 パンドラ
上映時間 118分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • キリシマは今日も聳えている ネタバレ! 冒頭、蝶々が優雅に骨休めをしているのを少年はただ見つめるしかないのは心の中に[責任]があるからにほかならない。 屋根に上り思い悩む姿には思いの痛々しさと、遠く美しいキリシマの山々に‘それ’を果た... ...続きを読む

    松井の天井直撃ホームラン 松井の天井直撃ホームランさん  2015年3月30日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「戦争レクイエム3部作」シリーズ関連作品

他のユーザーは「美しい夏キリシマ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi