さよなら、クロ
ホーム > 作品情報 > 映画「さよなら、クロ」
メニュー

さよなら、クロ

劇場公開日

解説

高校の用務員室に住みつき、その後、12年間に渡って生徒たちを見守り励まし続けた実在の犬の物語。監督は「アカシアの道」の松岡錠司。藤岡改造による原作を基に、松岡監督と「十五才 学校IV」の平松美恵子、石川勝己が共同で脚色。撮影を「ぼくんち」の笠松則通が担当している。主演は「Jam Films/JUSTICE」の妻夫木聡。第77回本誌ベスト・テン日本映画主演男優賞(妻夫木聡)受賞、第58回毎日映画コンクール撮影賞受賞、第25回ヨコハマ映画祭2003年日本映画ベストテン第8位、主演男優賞(妻夫木聡)受賞、撮影賞受賞、文部科学大臣選定(少年・青年・家庭)、長野県教育委員会推薦、松本市教育委員会推薦、日本動物愛護協会推薦、日本動物福祉協会推薦、日本愛玩動物協会推薦、日本動物保護管理協会推薦、日本獣医師会推薦、ジャパンケンネルクラブ推薦、日本動物病院福祉協会推薦作品。

ストーリー

60年代の松本市。飼い主の女の子に愛されながらも捨てられた一匹の犬が、学園祭で賑わう秋津高校に迷い込んだ。クロと名付けられたその犬は、以来、用務員室に住みつくと、校内を自由に闊歩し、夜になると守衛さんの夜警に付き添い、時には職員会議にまで参加し、人の気持ちが分かる番犬として愛されるようになる。そんなクロが命を救ったことがあった。それは、一番懐いていた3年生の亮介の、親友で恋のライヴァルでもある孝二がバイク事故で還らぬ人となった時。その直前、彼から想いを告白されたものの交際を断っていた雪子が、自責の念から自殺しようとしたのを思い留まらせたのだ。十年後である。旧友・守の結婚式に出席する為に帰郷した亮介が、クロが病気にかかっていることに気づいた。手術をすれば治るが、それは老犬のクロには体力的な負担を強いる。しかし、在校生たちの募金運動などの熱意によって、獣医である亮介は執刀を決意。果たして手術は成功し、退院したクロは住み慣れた学校で余生をのんびりと過ごすのだった。数ヵ月後、クロが他界した。講堂で執り行われた葬儀には多くの弔問客が訪れ、その中には東京から駆けつけた亮介の姿もあった。そして葬儀の後、クロに沢山の生きる勇気を貰ったことを再確認した亮介と雪子は、孝二の死で伝えられなかったお互いの思いを伝え合い、共に生きてゆくことを誓うのだった。...

スタッフ

監督
脚色
松岡錠司
平松恵美子
石川勝己
原作
藤岡改造
製作
李鳳宇
遠谷信幸
石川富康
プロデューサー
雨宮有三郎
神成文雄
鈴木一美
制作担当
高見明夫
撮影
笠松則通
Bキャメ撮影
松本ヨシユキ
美術
小川富美夫
装飾
小池直実
音楽
Unknown Soup & Spice
音楽プロデュース
岩代太郎
主題歌
TULIP
録音
柿澤潔
音響効果
渡部健一
照明
石田健司
編集
普嶋信一
衣裳
岩崎文男
音楽編集
浅梨なおこ
協力プロデューサー
石原仁美
ライン・プロデューサー
武石宏登
アシスタントプロデューサー
宮内貴子
助監督
板庇竜彦
スクリプター
川野恵美
スチール
石川登栂子
ドッグ・トレーナー
山本一
録音応援
阿部茂
保戸塚幸生

作品データ

製作年 2003年
製作国 日本
配給 シネカノン=(A Line.)
上映時間 109分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全1件)
  • さよなら、クロ 実話ということに感動します! クロに出会えた人たちが羨ましい。 いい時代だったんだなぁ。 私もクロにあいたかった! ...続きを読む

    おっこーさん おっこーさんさん  2014年6月3日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「さよなら、クロ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi