星に願いを。のレビュー・感想・評価

メニュー

星に願いを。

劇場公開日 2003年4月12日
3件を表示 映画レビューを書く

人は永遠の愛を願う

私は死後の世界のことなどあまり信じていません。と言えば嘘になります。じゃあ、信じているかと言えば、それも曖昧です。要するに、わからないというのが本当です。
と言いながら、映画や小説の世界ではこの映画のようにロマンチックファンタジーがとても好きなのです。

人は死によって愛する人と否応なく別れざるを得ません。
逝く人も残る人も哀切で苦しいものです。本当はできることなら現実の世界でそういう哀しくて寂しい体験はしたくありません。
ところが、映画というものはそういう哀切な出来事を疑似体験することによって感情を浄化してくれるのです。これが映画の真骨頂だと思います。

この「星に願いを。」は、交通事故で亡くなった身寄りのない盲目の天見笙吾が数日間別の人間として生きることを許される。そして甲斐甲斐しく面倒をみてくれた看護師青島奏に自分の思いを伝えるために奔走するというストーリーである。

この映画のテーマは純愛である。
眼の見えない男性は容姿容貌のわからない女を愛します。一方、女性は姿形は別人である男性の心に愛する彼を感じるのです。
やはり、純愛は人を感動させるのです。

ラストで青島奏はやっと姿形は別の人間である天見笙吾が亡くなった天見笙吾であることに気づくのだけれど……

人は生きている間は喜怒哀楽ありますが、愛する者と死に別れるほど哀しいことはありません。
この世は理不尽で無常だということはわかります。
だからこそせめて愛の永遠性を願うのではないのでしょうか。
星に願うのではないのでしょうか……!

髭ジョン
髭ジョンさん / 2014年10月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結構よかった! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

死んでからはありがちな話だけど、
後半で竹内結子が吉沢悠を好きだったことを初めて知った。
なんか描写たりなくない?
実際にある人が死んで、新しい人が自分に現れたら本当にこんな感じで舞い降りてるんじゃないかな。
死んでからじゃ遅いよね〜。
大切なことを伝えるタイミングがいつであれ、
結末には満足です!

2014年10月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恋愛映画の隠れた名作

ひとを一生懸命に好きだったあのころ、きっと同じように苦しくて、切なくて、大切だった。想う気持ちが一度だけ叶うなら、こんな奇跡に出逢いたい。

当時「黄泉がえり」よりも好きだった映画。
竹内結子のひた向きさがとにかく良い。ハーモニカのメロディだけで聴かせてくれる音楽も素敵。ラストシーンは涙無しには観られません。

mi
miさん / 2014年7月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi