13階段のレビュー・感想・評価

メニュー

13階段

劇場公開日 2003年2月8日
1件を表示 映画レビューを書く

医者と坊主と弁護士は、お金儲けに走るなということ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「13階段」(長澤雅彦監督)から。
原作を読んだ後なので、どうしても不完全燃焼になる。
いろいろな部分で省略があり、ストーリーが単純になってしまう。
えっ、ここへ話が飛んでしまうの?という驚きも多く、
それは仕方ないことだと思うが、江戸川乱歩賞受賞作の映画化は、
やめたほうがいいな、とつくづく感じた。
しかし、原作にない台詞や場面を見つける楽しみもある。
読書後のメモと、映画鑑賞後のメモを比較すると、一目瞭然で、
新たな楽しみが増えた気もしている。
その中の1つを紹介。(原作にあったか確認していないが・・)
「医者と坊主と弁護士は、お金がのうても人を助けろと、よう言いますわ。
3つとも、人の不幸をメシのタネにする職業でしてな、
お金儲けに走るな、ということでしょう」というような会話が登場する。
この視点で、3つの職業をくくるのは大変面白いな、と思う。
以前「弁護士は関わった人の半分は必ず『敵』」という話を耳にして、
なるほどなぁ、と思ったけれど、今回のはもっと好奇心がくすぐられた。
この3つの職業だけでなく、最近では、もっと多くの職業が
「人の不幸をメシのタネ」にしている気がしているからだ。
ちょっとイジワルな趣味だが、これを機にそんな職業を探してみて、
「お金儲けに走ってはいけない職業なんだよ」と言いたいな。(汗)

shimo
shimoさん / 2012年3月25日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi