壬生義士伝のレビュー・感想・評価

メニュー

壬生義士伝

劇場公開日 2003年1月18日
13件を表示 映画レビューを書く

男同士の魂の共鳴

二人の男が心の深い所で繋がってる、友情というより、音叉で耳に聞こえない音で共鳴し合っているような、繋がりを感じさせるようなところが好きです。

ルービックキューブ
ルービックキューブさん / 2017年9月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とても感動します

中井貴一さんと佐藤浩一さんの演技もとても上手くてこの映画をきっかけにお二人が出る映画を観るようになりました
久石譲さんのBGMがとても合っていてそれを聞くだけで涙腺が緩んでしまうくらいいい映画です

けい@音楽人
けい@音楽人さん / 2017年1月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「壬生義士伝」を観て・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

浅田次郎の原作小説を読んでDVDを観た。ストーリーは、南部盛岡藩を脱藩した足軽の男が、妻子を国元に残して京都の新撰組に属して活躍した物語。守銭奴と蔑まれ、剣術が達者な主人公・吉村貫一郎の義を貫いた「男の生き方」に共感した。映画では主人公に中井貴一、新撰組の斎藤一に佐藤浩市が演じている。二人が熱演で良かった。感動した・・2003年の作品。

亮一君
亮一君さん / 2016年6月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新撰組外伝?

だって沖田総司が堺雅人♡
ま、いいか…

現代(といっても明治末)の回顧から始まるのがめんどくさい(´Д`

盛岡から脱藩してきた田舎侍の中井貴一の様子(佇まい・方言)と
慈悲深い盛岡の殿様、三宅裕司の演技がいつになく真剣でよかった

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2015年11月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

有りそうな歴史小説 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

浅田次郎の長女が岩手の医大に入学したことが、きっかけとなって作られた小説らしいが飢饉で口べらしのために吉村の妻が入水自殺しようとするところなど時代背景も良くわかり父親の愛ゆえに守銭奴をおかしく演じているのも良かった。最後切腹を命じられ、どんなに妻子に会いたかったか。
佐藤浩一もカッコよかった。

ミツマメ
ミツマメさん / 2015年11月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

想像してたのとは違うかな

終始盛り上がりにかける映画だったかなと。

幕末というと刀と刀のぶつかり合いで血なまぐささがあって、その中にも武士の浪漫みたいなのがあるのが醍醐味だったりするもんですが、こちらの映画はこういった要素はなかったかな。

なんで個人的には物足りない感じがしました。

新撰組は好きなだけに、もうちょっと血の気のあるガチガチな感じの世界観を出して欲しかったですかね。

中井貴一はとってもいい役者さんだなとは改めて思いましたが。

かまーちょ
かまーちょさん / 2015年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

作り方がうまい

ただ、なんかいろいろ中途半端な感じです。

主人公の生き方は素晴らしいと思いました。最後は感動しました。観て損はない映画です。中井貴一が最高の演技してます。

ローランド山
ローランド山さん / 2015年6月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

話は良さそうなのだけど

話は良さそうだし、画の作り方はとてもよかったように思う。
かっこいいがよくわかっている。
しかしながら、こんなに多弁でいいの?
何でもかんでもモノローグやナレーションを入れることでごまかしているようにしか思えなかった。
それがドギツイ。
映画はもっと寡黙であるべきだ。
台詞やなんかですべてが台無し。
感動してください。感動してくださいと言われているような気持ちになって途中で見るのを断念した。

lotis1040
lotis1040さん / 2015年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

武士とはプライド高き生き物

映画評価:65点
ポイント:[家族愛][信念][武士道]

私は根っからの新撰組のファンです

世の中の新撰組作品は、近藤局長や土方、沖田に斉藤一の様な豪華な主人公が多く、丞や鴨等の外目線も存在する

が、今回の様な誰だか分からない下級志士の半生を描くのは珍しい

新撰組の上級層は、野心のため、国のため、幕府のためと殺気立っているが、主人公の様な下級層は家族のためなのだろう

金が必要だから切る

そんな下級武士にもプライドがあり、武士道がある、それを感じさせてくれる素晴らしい作品でした。

ヨコタス@名作探検家
ヨコタス@名作探検家さん / 2013年10月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

骨太な作品

幕末で新撰組と、王道をいく作品なのかなと思いきや、斉藤一に絡む吉村貫一郎という地方武士の物語。浅田次郎原作だけあって、貧しい家族のため脱藩し、小銭を稼ぐ生活が泣ける。そんな中でも、武士としての誇りを失わず、見事な最期を迎える。中井貴一がうまい。佐藤浩市もさすが。

ガク
ガクさん / 2013年10月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

90点 みて、これ。ミキプルーンの苗木^^

(2012/1/3)

おなじ人とは思えない。

幕末に、時代劇に
あまり興味ないのだけど ひきこまれた。

中井貴一さんに圧巻。

2013年3月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小さな人物を描ききる物語と演出の良さ

総合:85点
ストーリー: 90
キャスト: 75
演出: 85
ビジュアル: 75
音楽: 70

 動乱の時代に血生臭い組織において、たくさんの有名な英雄がいたのに、無名の人物のとても小さな物語が描かれている。こういう物語は話が多くの有名人の影に隠れて話が小さくなりすぎて退屈になるものもよくあるのだが、演出と物語がうまく調和していて魅力のある展開になっていた。何よりも家族を大切にして、それを守るためにはこの時代では時に命よりも大切とされていた名誉を傷つけ、命を懸けて家族のために働く。もちろん新撰組にいる以上は武士としての生き方を無視することも出来ず、結局そのためにまた命を懸けることにもなる。そんな中井貴一演じる吉村貫一郎の生き様に引き込まれた。
 脇役の登場人物の配役には満足したとは言い難い。例えば斉藤一が身請けした醜女役がすっきりした上品な美人顔の中谷美紀では、いったいどこが醜女なのかというのがあってのめり込めない。あまり美人じゃないけど不幸の影を背負った情け深い女優の配役は他になかったのだろうか。吉村貫一郎の家庭が困窮しているというのも実感がない。女房役の夏川結衣も同様に、所帯じみて貧乏に四苦八苦してるという雰囲気がない。もっとぼろぼろの服着て汚れたやつれた顔していないと、自殺を図るまで追い詰められている印象を受けない。基本的に女優を女優として綺麗に撮影しようとしてすぎていて、妾や貧乏武士の女房を撮影しようとしていない。
 それと剣術についても、場面によっては戦闘慣れした新撰組という割にはちょっと素人くささの残る及び腰なものに見えてしまったので、もう少し技術や凄みを出してほしい。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

『おくりびと』同様に、セリフをセーブし、間をとって表情の変化だけで感情を表現する演出がなされておりました。それに合わせたカメラアングルやカット割りで見るものをぐいぐいと画面に引き込んでいきます。

 MOVIXのワンコイン上映でやっていたので見ました。
 何年か前にレンタルで見た記憶もあったのですが、『おくりびと』の滝田監督作品と言うことを念頭に置きながら、演出方法や画作りを中心に見ていったので、ビデオで見たのときは、全然違って見えましたね。

 作品は、一見新撰組の話かと思いきや、そのなかの隊士吉村貫一郎の生き様に強烈に語りかけた作品でした。
 今見ると『おくりびと』同様に、セリフをセーブし、間をとって表情の変化だけで登場人物の感情を表現する演出がなされておりました。それに合わせたカメラアングルやカット割りで見るものをぐいぐいと画面に引き込んでいきます。特に泣かせるシーンの作り方が上手すぎて、何度も涙をぽろぽろこぼす羽目になりました。
 やはり滝田監督は、ずっと前から天才だったのですね。名優中井貴一のポテンシャルを極限まで絞り出すような演出でした。

 その中田が演じる吉村貫一郎の面白いところは、剣の腕は立つのに惚けたお人好しの田舎侍で通すところ。この物語は明治以降も生き延びた斎藤一が、吉村の義理の息子に語っている形で進行しているのですが、その斉藤が余りのうざったさに、辻斬りにしようと襲ったほどのものだったのです。
 さらに金には強欲。近藤隊長に給金についていちいち駆け引きする始末。武士にあるまじき欲深さでした。
 しかし、一度剣を交えれば、剣豪に豹変。そして武士の義において、見かけとは違って頑なに徳川幕府に忠義を貫こうとしたのです。
 この二面性を巧みに演じ分けている中田の演技が素晴らしい!
 圧巻は、ラストに切腹を覚悟するシーン、約10分に及ぶ自問自答により、家族に対し先に死んでいく許しを請う一人芝居には、画面に引き付けられました。

 当初吉村を人一倍嫌っていた斉藤は、義に熱い彼の本性をとことん惚れ込んで行きます。反発しながらも、唯一無二の存在になっていく吉村と斉藤との関係の描き方も良かったですね。
 斉藤の話を聞いていた吉村の義理の息子が、吉村の最期を語ったとき、思わず涙ぐむ斉藤に感動しました。あれほど家族のために逃げろ、生きろと言って聞かせたのに、無念であったのでしょう。一匹狼の斎藤一を真に理解し得たのは、生涯で吉村ただ一人であったろうと思います。ニヒルな斎藤を演じた佐藤浩市もドンピシャでした。

 そして吉村が脱藩せざるを得なかった経緯も感涙もの。愛する妻とのなれそめ。貧しい生活に襲いかかる飢饉。家族の口減らしのために身もごった子供ごと入水自殺使用とする妻を前にして、脱藩を決意し、心を鬼にして子らと別れるシーンが涙を誘いました。
 滝田監督は、特に家族の絆を描くのが上手い監督ですね。

 かつての親友であり今は南部藩の差配役となり、吉村に断腸の思いで切腹を命じるった大野次郎右衛門を三宅裕司の演技も良かったです。

 金のためには、どんな汚い仕事も引き受けた吉村ではありましたが、根底の部分では、頑なに南部藩士としての名誉を守り抜きました。そのまっすぐな生き様は、息子まで徹底していたのです。きっと彼の生き方に、深く共感されることでしょう。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2009年4月17日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

13件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi