水の女
ホーム > 作品情報 > 映画「水の女」
メニュー

水の女

劇場公開日

解説

水、火、風、大地をモチーフに、雨女と放火犯の宿命の恋を描いたドラマ。監督・脚本は、本作が劇場用映画デビュー作となる杉森秀則。撮影を「風花」の町田博が担当している。主演は、「THE DETECTIVE IS BORN 代官山物語「探偵誕生」」のUAと「殺し屋1」の浅野忠信。第59回ヴェネツィア国際映画祭批評家週間招待、サンダンス/NHK国際映像作家賞2001受賞作品。

ストーリー

関西の小さな町。父親と許嫁の死によって天涯孤独の身となった、自他共に認める雨女の涼は、火を眺めていると心が安らぐと言う不思議な青年・優作と出会い、家業である銭湯”ひかり湯“の仕事を手伝ってもらうことになる。そして、次第に惹かれ合っていくふたり。だがある日、涼は指名手配のポスターに優作の名前を見つけてしまうのである。『宮澤優作 連続放火犯』。涼の母親だと思い込んでいるホームレス・翠に責められ、ふらりと外へ出て煙突を上り始めた優作。次の瞬間、彼は雷に打たれて燃え落下する。そんな彼を助ける為、涼は雨を呼ぶ。間もなく、激しい雨が優作の炎を消した……。...

スタッフ

監督
脚本
杉森秀則
製作総指揮
中村雅哉
製作
河村光庸
猿川直人
プロデューサー
甲斐真樹
根岸洋之
撮影
町田博
美術
林田裕至
装飾
佐藤孝之
音楽
菅野よう子
音楽プロデューサー
金橋豊彦
主題歌
UA
録音
林大輔
整音
杉山篤
音響効果
渡部健一
小島彩
照明
木村太朗
編集
杉森秀則
衣裳
北村道子
ラインプロデューサー
大里俊博
製作担当
坂口智久
助監督
猪腰弘之
スチール
高柳悟
ビジュアルアーティスト
柳川瀬雅英
操演
島尻忠次
VFXプロデューサー
石井教雄
土屋真治
製作委員会
豊忠雄
牧田実
安村重幸
仁地幹人

キャスト

作品データ

製作年 2002年
製作国 日本
配給 アーティストフィルム=日活
上映時間 115分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • すっごくつまらない こういう邦画にありがちな 雰囲気で、理解できるよな?的な映画嫌いです。 これをいい、という人も居るだろうけど 私は嫌いでした。 ...続きを読む

    タテスジコ タテスジコさん  2014年11月3日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

橋本愛実 Sarasvati~水の女神~[DVD] 水の女[DVD] NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO(初回盤)[DVD] 5.1ch SURROUND SOUND virtual tri...[Blu-ray/ブルーレイ]
橋本愛実 Sarasvati~水の女神~[DVD] 水の女[DVD] NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO(初回盤)[DVD] 5.1ch SURROUND SOUND virtual tri...[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2005年8月24日 最安価格: ¥4,104 発売日:2007年12月21日 最安価格: ¥2,165 発売日:2016年12月14日 最安価格: ¥7,171 発売日:2011年6月1日 最安価格: ¥4,111
Powered by 価格.com

他のユーザーは「水の女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi