阿弥陀堂だよりのレビュー・感想・評価

メニュー

阿弥陀堂だより

劇場公開日 2002年10月5日
2件を表示 映画レビューを書く

眠くなるか味があるか、と意見が分かれるところ。 自分としてはそこま...

眠くなるか味があるか、と意見が分かれるところ。
自分としてはそこまでの感情動かされるほどではなかった。

ただ、とても丁寧に作られているのがよく分かる。
季節・それぞれの感情・相手を思う生き方、それが画面によくあらわれていた。

地域の人のココロの拠り処とする阿弥陀堂を守りするばーちゃん。
それは昔ながらの近所付き合いが残る地域であるが、そういう光景は今はかなり少なくなったのでは。

信仰は個人の自由であるが、地域で根付いてきたものを風習(祭り)とともに大切にしている光景は忘れてはならない。

キッスィ
キッスィさん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いいお湯・・遠くを見ることなんて忘れてた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「阿弥陀堂だより」(小泉堯史監督)から。
寺尾聰さん、樋口可南子さんの夫婦役を軸に、
おうめ婆さん役の北林谷栄さんなどが加わり、
なんともいえない、ゆったりとしたリズムが全編を包む。
さらに、喉の病で喋ることの出来ない娘・小百合役を演じた、
初々しい小西真奈美さんが、おうめ婆さんから聞いた話を
「阿弥陀堂だより」として文字にする設定は、まさしく私好み。
タイトルの「阿弥陀堂だより」は、作品の中では「5作」。
どれも素敵な文章で、甲乙つけがたいので、紹介は後日。(汗)
気になる一言は、冒頭、樋口可南子さんが露天風呂で呟くシーン。
本当に気持ちよさそうに、そしてリラックスした感じで
「いいお湯・・遠くを見ることなんて忘れてた」。
お湯に浸かりながら目の前に広がる信州の遠景。
どれほど、彼女を癒しただろうか、と羨ましくなった。
自分を振り返ると、たしかに最近、遠くの景色を見ていない。
遠くを見る、それだけで緊張感がとれることを、
この台詞で思い出された。
木版画家・前田光一さんが作り出す風景とそっくり、
そんな視点で眺めてしまった。
さすが、長野県。派手さはないが、久しぶりの「秀作」だった。

shimo
shimoさん / 2014年1月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi