NO SURRENDER 自分にたどり着くまで Boxer 飯泉健二
ホーム > 作品情報 > 映画「NO SURRENDER 自分にたどり着くまで Boxer 飯泉健二」
メニュー

NO SURRENDER 自分にたどり着くまで Boxer 飯泉健二

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

網膜剥離で引退を余儀なくされたボクサー、飯泉健二の、復帰を賭けた不屈の挑戦をとらえた長篇ドキュメンタリー。監督は、本作が初の劇場用作品となる永伊智一。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

ストーリー

正攻法なファイトで人気、実力共に兼ね備えたフェザー級ボクサー、飯泉健二。1984年のデビューからたった2年でチャンピオンの座についた彼は、しかし世界の舞台が見え始めた矢先の89年、網膜剥離に見舞われ、JBC(日本ボクシングコミッション)にボクシングライセンスを剥奪されてしまう。ところが、飯泉はカムバックを夢見て、以前と変わらぬトレーニングを再開。97年、漸くIBFという新興の団体が、彼の復帰戦を約束してくれた。だが、JBCがIBFを認可していないことから、そのリングに上がることは日本のボクシング界からの永久追放を意味していた。しかし98年1月、飯泉は迷うことなく9年振りにリングに立ったのだ。相手はインドネシア2位の実力を誇るスラヤ・ケラン選手。不足は無い。結果は飯泉の2ラウンドTKO勝ち。試合の内容には満足出来なかった飯泉だが、こうして9年間の孤独な戦いに決着をつけた。しかし、彼の戦いは終わった訳ではない。次のファイトへ向けて、Keep on Attacking!...

キャスト

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 グループ現代
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi