VERSUS
ホーム > 作品情報 > 映画「VERSUS」
メニュー

VERSUS

劇場公開日

解説

闇の力を巡って繰り広げられる、男たちの宿命の戦いを描くヴァイオレンス・アクション。監督は「heat after dark」の北村龍平。脚本は、北村監督と山口雄大の共同。撮影を「人妻いんらん同窓会」の古谷巧が担当している。主演は、新人の坂口拓、「犬、走る DOG RACE」の榊英雄、新人の三坂知絵子。2001年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭千葉真一賞&ファンタランド女王賞、日本インディペンデント映画祭銀賞受賞作品。スーパー16ミリからのブローアップ。

ストーリー

奥深い森に、囚人仲間と脱走した脱獄囚KSC2-303。迎えの車を待っていた彼は、しかしやって来たレザボアたちと諍いを起こし、彼らに囚われの身となっていた記憶のない謎の女を連れて、再び森の中に逃げ込む。ところが、その森は幽界と現界を繋ぐ結界の地黄泉返りの森で、彼が殺したレザボアが、森の中に埋められていた死体がゾンビとなって蘇り、次々とふたりを襲った。そんな中、レザボアのボス(全ての謎を知る男)が到着。結界を開き邪悪な力を手に入れようと企む彼は、500年前、実は彼の弟であるKSC2-303に邪魔されその機を逸していたのだが、現代に転生し漸くそのチャンスを得ようとしていた。そして、その扉を開く鍵を握っていたのは謎の女だった。果たして、その女を巡って壮絶な戦いが展開されるが、KSC2-303は兄の強大な力の前に遂に命を落としてしまう。そんなKSC2-303を、謎の女が自らの血を使って蘇らせた。だが、実は謎の女の血で蘇ったKSC2-303の血こそ、結界を開く鍵だったのだ。ボスの狙い通りとなった今、いよいよ本当の戦いの火蓋が切って落とされた! そして壮絶な戦いの末、戦いに勝利したのはKSC2-303だった。しかし、それから99年後。三度この世に転生した兄弟と謎の女は、新たな宿命の戦いに挑もうとしていた。...

スタッフ

監督
第二班監督
山口雄大
アクション監督
下村勇二
脚本
北村龍平
山口雄大
製作総指揮
西村秀雄
企画ブレーン
高津隆一
プロデューサー
進啓士郎
制作
岡本吉宏
撮影
古谷巧
第二班撮影
山口雄大
ビジュアルデザイン
川名マサヒロ
音楽
森野宣彦
音楽プロデューサー
ヨネダノゾム
音響効果
柴崎憲治
照明
タムラフミヒコ
コンノタケシ
編集
掛須秀一
衣裳アドバイザー
マモ・クラーク
津軽三味線
吉田健一
アソシエイト・プロデューサー
高橋信之
スチール
古谷巧
ヒラガテツ
ウチヤマシゲル
特殊メイク
仲谷進
クリエイティブディレクター
飯塚岳人

キャスト

作品データ

製作年 2001年
製作国 日本
配給 ケイエスエス
上映時間 120分
映倫区分 PG12

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全1件)
  • 真のアクション ”アクション”というものを”洋画の爆発シーン”と思っている方、 あんなものはアクションとは呼びません。 ましてや、ただ格好よく銃火器を振り回すのもアクションとは呼ばない。 ”アクション”という言... ...続きを読む

    浮雲 浮雲さん  2011年10月1日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi