あしたはきっと…のレビュー・感想・評価

あしたはきっと…

劇場公開日 2001年5月19日
1件を表示 映画レビューを書く

くだらない悩みと面倒な青春

良くも悪くも当時の女子高生のまんまだと思いました。

懐かしく感じる人もいるかもしれません。
確かに、友達と会話がそのままで、かなりリアリティがありましたが、懐かしさを感じるような見せ方ではないよう感じました。

こんなにもうるさくて、生意気で、くだらないことでうじうじしてたんだなと、青春のきらめきよりは、そんないいものではなかったなと思いました。
あの中に一時間いるのも耐えられない。

友達からの無責任な恋の応援や、告白することをゲームのように楽しまれている様など、応援や心配してるようで、されていなかったな…。
友情の嘘臭さが普通に表れてました。

勝手な被害妄想で怒られたり、めんどくさい世界だなと思いました。

普通の青春映画かと思いきや、同じ日を何度かやり直したり、非現実が起こり驚きました。
でも、一見悪いことが起こっても、それが必ずしもいい結果に繋がる訳ではないと思えたのが、いい点でした。

くだらない事で悩むだけで、途中で見るのを辞めようと思いました。
佐藤隆太、尾野真千子の高校生姿が新鮮でした。

りりまる
りりまるさん / 2014年8月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi