橋蔵の若様やくざ
ホーム > 作品情報 > 映画「橋蔵の若様やくざ」
メニュー

橋蔵の若様やくざ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

北園孝吉の「おとぼけ侍」を、「お役者変化捕物帖 血どくろ屋敷」のコンビ結束信二が脚色し、河野寿一が監督した橋蔵の時代劇。撮影は「丹下左膳 濡れ燕一刀流」の川崎新太郎。

ストーリー

宮津藩の松平丹後守に千鳥の香炉が将軍から贈られた。その家宝が盗まれたのである。犯人は二代目鼠小僧の三郎吉である。彼は大名の風早主税之亮から仕事を請負ったのだが、金をくれないので、その香炉を再び盗み出し、他人に渡してしまった。その頃、町に鼠小僧を探して歩く鯛平という男がいた。鯛平は阿部川勘蔵という浪人と知合い、同居生活を始めた。長屋の住人加山右衛門とその娘の鶴江が目明しのキズ源に金のことで苛められると、早速鯛平は彼らをやっつける。キズ源は金にかこつけて鶴江を狙っていたのだ。金策に意地になった勝右衛門は、風早家を訪れた。彼は、十年前風早主税之亮のために浪人したのである。主税之亮は勝右衛門の帰途を襲い、手討ちにした。三郎吉がこれを蔭から見ていた。勝右衛門は、死に際に、通りかかったクズ屋が持っていた千鳥の香炉を握っていた。一方、勘蔵が香炉を手に入れたが、クズ屋にやってしまったという。鯛平はクズ屋さがしに躍起となる。鶴江は、風早家に奉公に上ることにした。遺品である千鳥の香炉を懐にして風早家の傍にきた鯛平は、三郎吉を見つける。三郎吉は鶴五をすくうのが先だといい、協力して鶴江の仇を討とうと誓った。主税之亮の前に出た鶴江は、父の仇と斬りかかる。主税之亮が襲いかかろうとした時、鯛平が彼を斬った。鯛平は、宮津の若君松平誠太郎であった。松平丹後守と若年寄の地位を争った主税之亮が、宮津藩失脚を狙って香炉を盗ませたことが分った。と、香炉がまた盗まれた。誠太郎は再び江戸へ。しかし、これは鶴江に恋してしまった誠太郎が江戸に残るためのお芝居であった。今度は香炉とともに若君の花嫁も見つけ出されるはずである。...

スタッフ

監督
脚色
結束信二
原作
北園孝吉
企画
杉井進
撮影
川崎新太郎
美術
川島泰三
音楽
高橋半
録音
東城絹児郎
照明
山根秀一
編集
宮本信太郎
スチル
熊田陽光

キャスト

作品データ

製作年 1961年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 90分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

勢揃い東海道[DVD] 水戸黄門[DVD] 大江戸七人衆[DVD] 若さま侍捕物帖[DVD]
勢揃い東海道[DVD] 水戸黄門[DVD] 大江戸七人衆[DVD] 若さま侍捕物帖[DVD]
発売日:2016年1月6日 最安価格: ¥1,728 発売日:2016年1月6日 最安価格: ¥1,728 発売日:2016年2月10日 最安価格: ¥1,728 発売日:2016年3月9日 最安価格: ¥1,728
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi