ロビンソンの庭
ホーム > 作品情報 > 映画「ロビンソンの庭」
メニュー

ロビンソンの庭

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

外国人ハウスに住んでいた女があるとき樹木の生い茂る都市の廃墟に移り、緑に支配されていく姿を描く。山本政志と山崎幹夫の共同脚本に内田栄一が脚本協力の形で参加。監督は16ミリ作品「闇のカーニバル」の山本政志、撮影は「ストレンジャー・ザン・パラダイス」のトム・ディッチロと、苧野昇がそれぞれ担当。

ストーリー

クミは緑のある住宅街の一画の外国人ハウスに住んでいた。彼女は定職をもたず、ドラッグを売買したりしながら生活している。ある日、ボーイフレンドのキイと友人のマキと一緒にアフリカ料理店で食事をした。最近、世の中がおかしくなってきており、クミの仲間にも捕まる者や入院する者が出てきている。マキは地軸が狂ってきたのが原因だといい、タイのコサムイに脱出しようと提案した。酔っ払って帰る途中でクミは緑に囲まれた廃墟を見つけ、中へ入ってみた。するとなんだかそこが自分の家のように思えてきた。翌日、早速、廃墟へ引っ越してきたクミ。持ってきたのはいくつかの家財道具と観葉植物だけである。クミは畑をつくってキャベツを植え、部屋の壁にはペインティングを施し、夜は屋上で星を眺めたりしながら快適な生活を送っていた。廃墟でのパーティ。クミやキイ、マキのほか五、六人の仲間たちと近所の子供たちが集まってきた。キイの話では狂い始めた人間はクミの仲間だけでなく、あっちこっちで増えているという。やがてユウというちょっと変わった女の子がパーティで騒ぎを起こして去って行った。その夜、久しぶりに抱き合ったクミとキイ。廃墟に移り住んで何カ月かたったある朝、クミは体がシビれているのに気がついた。それでも農作業を続けていたが、体の痛みは日ごとに増してくる。キイはマキと一緒にコムサイに行くという。クミは衰弱し、痛みはついに脳にまで達し、ときおり幻を見るようになった。あるとき彼女は雑草の生い茂る畑に大きな穴を掘り始めた。祖父の霊と出会ったクミ。少女時代の彼女が体から抜け出し、祖父と散歩している。いつしかクミの姿は穴に吸い込まれるように消えてしまった。まるで世界が発狂したかのように、あたりには全く人影がない。廃墟は完全につたの葉に覆われているが、緑の中でただ一人ユウだけがラジコン飛行機で遊んでいる。...

スタッフ

監督
脚本
山本政志
山崎幹夫
脚本協力
内田栄一
製作
浅井隆
撮影
トム・ディッチロ
苧野昇
美術
大澤稔
林田裕至
音楽
じゃがたら
吉川洋一郎
ヘムザ・エル・ディン
録音
菊地進平
照明
安河内央之
編集
遠山千秋
助監督
平山秀幸
スチール
松原研二

キャスト

作品データ

製作年 1987年
製作国 日本
上映時間 119分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ロビンソンの庭」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi