「作品に勢いを感じる映画デビュー作」ラヂオの時間 キース@Keithさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ラヂオの時間」 > レビュー > キース@Keithさんのレビュー
メニュー

ラヂオの時間

劇場公開日 1997年11月8日
全11件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

作品に勢いを感じる映画デビュー作

映画監督デビュー作の本作でカット割りがイマイチだったりや音響効果に狙い過ぎの感はあるものの、構図が明瞭で面白かったし、冒頭のワンカット長回しも効果的だったと思う。
今でこそ名優・名脇役ばかりの面々だが、当時はまだ無名の三谷組を起用したりしていて映画史的にも面白い作品だといえる。
ドタバタの喜劇で舞台っぽさは当然あるが、笑いどころをしっかり押さえていて純粋に面白かったですね。個人的には飛び入りしたジョージは声を出して笑ってしまったし、50円玉のおひょいさんもニヤニヤポイントでした。

キース@Keith
さん / 2017年3月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi