「運命の女」ラヂオの時間 みつまる。さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ラヂオの時間」 > レビュー > みつまる。さんのレビュー
メニュー

ラヂオの時間

劇場公開日 1997年11月8日
全11件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

運命の女

全編がラジオ局の中で展開される密室コメディと言うのが斬新でした。
ひとクセもふたクセもあるような登場人物たちの口からポンポン飛び出す小気味良い台詞の応酬は、三谷ワールドならではのものだが少し忙しなく感じられた。
ラジオドラマの生放送中に起こる予期せぬハプニングの数々を、いろんな秘策で切り抜けて行く様子は一応スリリングではあるが、その前にいい加減すぎる部分がどうしても目立ってしまい感情移入しづらい。
ま、新人監督作品としては贅沢すぎるほどの配役が、目を楽しませてくれるお得感はあったけどね。

みつまる。
さん / 2015年8月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi