夢の女
ホーム > 作品情報 > 映画「夢の女」
メニュー

夢の女

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

侍の娘ながら、娼婦に身を落とした女・お浪の儚い半生を描く。永井荷風の同名の初期小説を久保田万太郎が新派のために脚色した舞台用の台本をもとにしてモノクロームの映画で描いた、松竹=セゾングループ提携作品。「外科室」の坂東玉三郎が、再び吉永小百合を主演にして描く監督第二作。

ストーリー

明治も終わりの頃。奉公先の旦那の手がついて妾となったものの、旦那の死により縁を切られ、生まれたばかりの娘・お種も里子に出し故郷に戻ってきたお浪は、士族であった父の病気と多大な借金のため、深川州崎遊郭の大店『大八幡』に身を売り、楓という花魁となっていた。三年ぶりに故郷に戻ってきたお浪は、お種が里子先でひどい仕打ちを受けていると婆やのおさわから聞かされ、店のお松の知恵を借り、年期を延ばして借金を重ねてお種を引き取ることにした。お浪には小田部という薬問屋の贔屓の客がいたが、お浪に入れこむ余りまだ一緒になれないことが分かると首を縊って死んでしまう。『男を破滅させる毒婦』と新聞に書きたてられたお浪はすさみ、酒に溺れ、人気もなくしていった。だがある日、上郷という相場師が全てを承知した上でお浪を身請けした。七、八年後。洲崎の海を見晴らす土手の上でお松が二代目の楓にそんなお浪の思い出話をしていたところへ、侍合の女将となったお浪が現れる。二人は涙ながらに再会を喜んだ。お浪は二代目・楓に、そして自分自身に言い聞かせるように、夢のように過ぎていった日々を語り、洲崎を離れていくのだった。...

スタッフ

監督
脚本
吉村元希
桜井妙子
斎藤雄文
原作
永井荷風
久保田万太郎
製作総指揮
奥山和由
堤康二
一力英夫
小田久栄門
プロデューサー
中川滋弘
中沢敏明
撮影
長沼六男
美術
木村威夫
音楽
藤舎名生
杵屋榮津五郎
録音
辻井一郎
照明
熊谷秀夫
編集
鈴木晄
奥原好幸
助監督
大串利一
スチール
金田正

キャスト

作品データ

製作年 1993年
製作国 日本
配給 松竹

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第17回 日本アカデミー賞(1994年)

ノミネート
主演女優賞 吉永小百合
助演女優賞 樹木希林

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

夢の女 ユメノヒト[DVD] 愛と死の記録[DVD] 風の慕情[DVD] 夢千代日記[DVD]
夢の女 ユメノヒト[DVD] 愛と死の記録[DVD] 風の慕情[DVD] 夢千代日記[DVD]
発売日:2017年2月3日 最安価格: ¥3,175 発売日:2008年2月9日 最安価格: ¥5,076 発売日:2012年1月25日 最安価格: ¥1,952 発売日:2012年11月1日 最安価格: ¥2,426
Powered by 価格.com

他のユーザーは「夢の女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi