野性号の航海 翔べ 怪鳥モアのように
ホーム > 作品情報 > 映画「野性号の航海 翔べ 怪鳥モアのように」
メニュー

野性号の航海 翔べ 怪鳥モアのように

劇場公開日

解説

一九七七年五月十六日、一艘の帆船が太古の海へ漕ぎだしていった。野性号II、片翼の怪鳥モアにも似たアウトリッガー・カヌーだった。古代文化の移入ルートのひとつと想定されている“黒潮の実験航海に挑んだ若者たちが、ルソン島から鹿児島へむけて、二五〇〇キロの壮途についたのだった。古代文化史の未明な部分にメスを入れ、日本文化の源流を探ろうとする実験航海である。古代帆船カヌーを建造し、ルソン島から鹿児島まで、十一人のクルーを乗せ、風まかせ、潮まかせの帆走を試みようと出港したものの、マストを折るなどのアクシデントに見舞われる。クルーはそのたびに一喜一憂をくり返し、出港後四十四日で、鹿児島港に野性号IIを無事接岸されたのだった。

スタッフ

監督
ナレーション台本
片岡義男
製作
角川春樹
撮影
黒柳満
森山暉夫
明石太郎
音楽監督
折田育造
中井國二
音楽
井上尭之
録音
大橋鉄矢
編集
諏訪三千男
製作協力
角川書店
北斗映画プロダクション
ナレーション
西田敏行

キャスト

作品データ

製作年 1978年
製作国 日本
配給 日本ヘラルド
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全1件)
  • 野性号の航海 翔べ 怪鳥モアのように 野生号の航海 何年前だろうか朝日放送の試写会で見たのは憶えている、角川映画の初期作品で、ドキュメンタリータッチで描かれた映画だが、映画全体に稚拙さを感じた、だけど忘れられない映画のひとつです。 ... ...続きを読む

    sumiyan sumiyanさん  2013年4月16日  評価:2.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「野性号の航海 翔べ 怪鳥モアのように」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi