野獣死すべし(1959)のレビュー・感想・評価

野獣死すべし(1959)

劇場公開日 1959年6月9日
1件を表示 映画レビューを書く

須川栄三

脚本白坂依志夫。仲代達矢。仲代の最高傑作なのではないかと思う。須川のシャープな画面もカッコ良いし、編集のリズムも小気味好い。確かにモノクロ時代の作品とは思えないバイオレンス度。居合わせた目撃者全員殺す感じがたまらない。ラスト大仕事を終え、女の部屋を後にする時の仲代の感情を読めない表情の素晴らしさ。

ssspkk
ssspkkさん / 2014年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi