やさぐれ刑事のレビュー・感想・評価

メニュー

やさぐれ刑事

劇場公開日 1976年4月3日
1件を表示 映画レビューを書く

有り得ないほどワイルドな刑事物語 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

刑事の職務に熱中する余り、嫁をほったらかしにしといたら、暴力団の幹部に寝取られたばかりか、駆け落ちまでされちまった男の日本列島縦断の復讐の旅。
原作は余り知られていないが、藤本義一の同名小説。
でも、早い段階で原田芳雄演じる主人公の西野は、警察手帳をビリビリに破いて警察官としての職務を自ら放棄してしまっているのだから、タイトルに示されている刑事と言うのは誤りだね。

逃亡する幹部の杉谷(高橋悦史)を追って、パチンコ店に住み込みとして働く西野の目に突然飛び込んで来たのは、まさかのブルー・フィルムに出演する我が嫁・真穂(大谷直子)の変わり果てた姿であった!
その時の西野の狼狽ぶりが、下手なコント番組よりも笑えた。
ショックの余り立ち眩みを覚え、勢い余って階段からドタバタと転げ落ちたかと思えば、真穂の美しき裸身に舌なめずりをしながら喜ぶゲスどもは一人残らず生かしちゃおけぇ!とばかりに、ガスのコックを全開にして組事務所を爆破しちゃったよ!
更には、杉谷が抱いた女は全て犯す!と鬼畜のような宣言をしたかと思えば、それをすぐさま実行へと移す有り様。

そんな西野の常軌を逸する行動の数々に思わず唖然とさせられるが、真穂の転落ぶりもこれまた悲惨で痛々しいばかりである。

とにかく、原田のギラギラとした野獣のようなアウトローぶりを堪能したいのならこれだよ、これ!
今の俳優にはない太いげじげじ眉毛と、太い揉み上げに懐かしさがぐっと込み上げて来る。

みつまる。
みつまる。さん / 2015年12月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi