もず(1961)
ホーム > 作品情報 > 映画「もず(1961)」
メニュー

もず(1961)

劇場公開日

解説

テレビ・ドラマを「おとうと(1960)」の水木洋子が自ら脚色した、母と娘の情愛をテーマにしたもので、「バナナ」の渋谷実が監督した。撮影は「「青衣の人」より 離愁」の長岡博之。

ストーリー

新橋裏の三流小料理屋「一福」の住込み女中すが子のところへ、松山から娘のさち子が訪ねてきた。二人の再会は二十年ぶりで、さち子は結婚生活に破れ、美容師になるにめの上京だった。たまたますが子のパトロン藤村との逢う瀬を目撃したさち子は、母のすさんだ生活を嫌悪した。さち子が都心の美容院に職が決った日、母の同僚おなかがすが子が倒れたと知らせてきた。すが子は「一福」のお女将とうまくゆかず、同僚のおてるの家に厄介になっていた。さち子も一緒に住むことになり、病状とともに母娘の仲もよくなっていった。おてるの叔母一恵がさち子に縁談を持ってきた。相手が六十の老人だというのに、さち子が見合を承諾したことで、また母娘の仲は険悪になった。三カ月後、母娘は阿部ツネの部屋に移った。さち子の同僚アヤ子の紹介だった。すが子は「一福」をやめ、藤村と手を切った。その頃、松山から酒田という青年が上京した。彼は青年会で会って以来、さち子を愛していた。酒田の求婚をさち子は断った。すが子は酒田の出現を嫉妬した。口喧嘩の翌朝、すが子は自殺をはかった。母との生活に疲れきったさち子は、松山に帰る決心をした。が、すが子がまた倒れ、死の宣告をうけた。無理して入院させたものの医療費に困った。藤村に相談すると、交換条件にさち子の体を要求した。万事窮したさち子は藤村に身をまかした。その頃、すが子は息を引きとった。母の枕もとにはさち子名儀で六万二千八百円の貯金通帳があった。母の愛情をはじめて知ったさち子は母の亡骸にしがみついて、いつまでも泣きつづけた。...

スタッフ

監督
脚色
水木洋子
原作
水木洋子
企画
佐々木孟
製作
若槻繁
渋谷実
撮影
長岡博之
美術
松山崇
音楽
武満徹
録音
大村三郎
照明
小泉喜代司
スチル
堺謙一

キャスト

作品データ

原題 The Shrikes
製作年 1961年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 94分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全1件)
  • 人間ドラマの佳作 東京の下町を中心とした女のドラマは、主演の淡島千景を始めとして有馬稲子、山田五十鈴、乙羽信子、桜むつ子といった出演者達のアンサンブルが素晴らしいの一言。 更に中盤では、高橋とよさんによる楽天野村... ...続きを読む

    松井の天井直撃ホームラン 松井の天井直撃ホームランさん  2015年3月29日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

6羽のかもめ DVD-BOX[DVD] 化身[Blu-ray/ブルーレイ] お茶漬の味[DVD] 君の名は 第1部[DVD]
6羽のかもめ DVD-BOX[DVD] 化身[Blu-ray/ブルーレイ] お茶漬の味[DVD] 君の名は 第1部[DVD]
発売日:2009年2月18日 最安価格: ¥32,854 発売日:2015年10月7日 最安価格: ¥3,926 発売日:2005年8月27日 最安価格: ¥3,292 発売日:2007年10月26日 最安価格: ¥3,324
Powered by 価格.com

他のユーザーは「もず(1961)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi