無宿者(1964)
ホーム > 作品情報 > 映画「無宿者(1964)」
メニュー

無宿者(1964)

劇場公開日

解説

「眠狂四郎円月斬り」の星川清司がシナリオを執筆「剣」の三隅研次が監督したヤクザもの。撮影もコンビの牧浦地志。

ストーリー

佐渡金山を背後にひかえたある寒村に、二人の男がやって来た。賭場で知り会った二人は、形身の朱鞘のドスを持つ一本松とかつては武士であった黒木弥一郎だ。この二人は、奇しき因縁で結ばれていた。一本松の父は、五年前、笹子峠で斬殺されていたが、弥一郎の父も、五年前、笹子峠で御用金を拐帯して、姿を消していた。この話しを聞いて以来、一本松は、御用金拐帯を見た父が、弥一郎の父に殺されたにちがいないと信じた。だが弥一郎は、父の潔白を確く信じていた。やがて二人は、人足問屋兼やくざ稼業三州屋波蔵が、二年前から、盛んとなったことを、村の娘おはるから聞くと、二年前から、三州屋の黒幕になったという船問屋、島屋十兵衛の追求を始めた。一本松は十兵衛こそ、弥一郎の父黒木半兵衛の仮の姿だと信じたのだ。一本松は、波蔵をせめて、島屋の正体を吐かせる寸前で、島屋の仔分和四郎によって、波蔵は殺された。波蔵の妹で、器量を見込まれて、島屋の女となったお勢以に、飲み屋で会った一本松は、島屋の背後にもう一人の人物がいることを確かめた。その男こそ、半兵衛だ。一本松はそう信じた。おはるの父儀十も、佐渡から来る船の中には必ず島屋を命令する男がいるという。折よく、金山に労働者を送るため、船が来た。黒木半兵衛を追う一本松の目に、悠然と笑った父源七の顔が映った。一本松に、源七は、半兵衛を殺して金を奪ったと、笑った。一本松は、父を憎んだ。弥一郎もまた仇と狙った。だがそれを察した源七は、弥一郎を射殺した。遂に、一本松は父と対決した。だが父親殺しの汚名を一本松に着せることを恐れた源七は自からの命をたった。死体を前に、一本松の肩はがっくり落ちた。...

スタッフ

監督
脚本
星川清司
企画
財前定生
撮影
牧浦地志
美術
内藤昭
音楽
池野成
録音
大谷巖
照明
古谷賢次
編集
菅沼完二
スチル
西地正満

キャスト

作品データ

製作年 1964年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

日蓮と蒙古大襲来[DVD] 朱雀門[DVD] 陸軍中野学校[DVD] 忠臣蔵[DVD]
日蓮と蒙古大襲来[DVD] 朱雀門[DVD] 陸軍中野学校[DVD] 忠臣蔵[DVD]
発売日:2005年2月25日 最安価格: ¥3,818 発売日:2014年12月19日 最安価格: ¥2,000 発売日:2007年12月21日 最安価格: ¥3,898 発売日:2004年12月10日 最安価格: ¥5,076
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

無宿者
無宿者
2014年7月15日
¥324
GYAO!ストア

他のユーザーは「無宿者(1964)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi