武蔵野夫人
ホーム > 作品情報 > 映画「武蔵野夫人」
メニュー

武蔵野夫人

劇場公開日

解説

製作は「舞姫(1951)」の児井英生で、大岡昇平の原作から福田恒存が潤色して「お遊さま」の依田義賢が脚色したものである、演出は「お遊さま」の溝口健二で撮影は「袴だれ保輔」の玉井正夫が担当している。出演者の主なものは「夜の未亡人」の田中絹代「せきれいの曲」の轟夕起子に山村聡、「盜まれた恋」の森雅之に片山明彦、大谷伶子、進藤英太郎など。

ストーリー

武蔵野の高台に住む道子と夫の秋山のもとへ道子の従弟勉が復員してくる。勉は道子と共に住むことを望んだが、嫉妬深い秋山は彼をアパートに住まわせる。勉の生活が荒れることを心配した道子は向かいに住む従兄の妻富子の提案で、彼に富子の娘雪子の家庭教師をさせることにする。武蔵野の小道を一緒に散策するうちに道子と勉は互いに男女として意識しあうようになった。しかしあけすけな富子はそれを秋山に暴露してしまい、秋山はそれを許す代わり富子と関係を持つようになる。ある時嵐にあった道子と勉はホテルで一夜を過ごすが、道子は勉の激情を優しくなだめるのだった。富子と旅に出たものの捨てられた秋山が家に戻ってみると、道子は静かに息を引き取っていた。...

スタッフ

演出
溝口健二
脚本
依田義賢
脚色
福田恒存
原作
大岡昇平
製作
児井英生
撮影
玉井正夫
美術
松山崇
音楽
早坂文雄

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.0 2.0 (全1件)
  • う〜む、今ひとつだなあ 原作とは趣を異にする。まあ小説と映画は、別物だから当然なのだが……。武蔵野の景色の素晴らしきに比べて、登場人物がどうも魅力的に撮られてない。 溝口健二は名匠だけど、凡作もあるなあ。 この作品は、... ...続きを読む

    jinkan1 jinkan1さん  2012年1月27日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

武蔵野夫人[DVD] 流れる[DVD] サンダカン八番娼館 望郷[DVD] 西鶴一代女[DVD]
武蔵野夫人[DVD] 流れる[DVD] サンダカン八番娼館 望郷[DVD] 西鶴一代女[DVD]
発売日:2006年9月22日 最安価格: ¥3,759 発売日:2005年8月26日 最安価格: ¥4,044 発売日:2015年2月18日 最安価格: ¥1,865 発売日:2006年9月22日 最安価格: ¥3,759
Powered by 価格.com

他のユーザーは「武蔵野夫人」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi