水戸黄門(1960)
ホーム > 作品情報 > 映画「水戸黄門(1960)」
メニュー

水戸黄門(1960)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「はったり二挺拳銃」の小国英雄の脚本を、「旗本退屈男 謎の暗殺隊」の松田定次が監督した、オールスター・キャストによる黄門映画。撮影も同じく「旗本退屈男 謎の暗殺隊」の川崎新太郎が担当。

ストーリー

元禄四年江戸には大火がしきりにあった。水戸黄門と助さん格さんは身分をかくして米沢町の一ぜん飯屋に入り、そこで浪人井戸甚左衛門と知りあった。黄門主従はその夜甚左衛門の長屋に泊まった。すると、甚左衛門の友人村尾が殺され、甚左衛門は犯人として町方に捕らえられてしまった。黄門や火消し頭の四郎吉等は、甚左衛門を奉行所にかけあって出獄させた。大原廉之助という甚左衛門と同じ牢にいた浪人が、出獄祝いの席に現われた。その頃江戸城中では大火による町民の困窮をよそに、華やかな能楽の宴が催されていた。その光景を時の副将軍水戸中将綱条の叔父にあたる紀伊大納言光貞がにがにがしく見守っていた。そして水戸黄門の一子である綱条は、大火の責任を追求され、水戸嫌いの大奥の策動によって苦しい日々を送っていた。一方黄門主従は四郎吉とともに、夜の大川端を放火して歩く黒覆面の一団を見つけた。そして怪し気な浪人一人を滝川軍平という男の家においこんだ。滝川軍平は逃げ出して六間堀の真如院に入った。黄門一行が行くと、そこには浪人大原がいた。一行が帰ると大原は軍平を斬りすてた。折も折、西丸炎上見舞いの勅使柳原大納言が江戸城にやってきた。勅使柳原とは、実は浪人大原と同じ人物であった。この時副将軍綱条は将軍綱吉に大奥の圧力を排して民心安定を計ることを死を賭して進言した。光貞もこれに助言した。これを聞いた黄門は涙を流してよろこんだ。やがて黄門主従は江戸の放火が由比正雪残党の仕わざであるのをつきとめた。一味はしりごみする同志村尾を斬り、勅使柳原を企みに加担させようとしていたのだった。黄門の活躍により残党一味は総て捕えられた。...

スタッフ

監督
脚本
小国英雄
企画
坪井与
辻野公晴
中村有隣
製作
大川博
撮影
川崎新太郎
美術
川島泰三
音楽
富永三郎
録音
東城絹児郎
照明
山根秀一
編集
河合勝巳

キャスト

作品データ

製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 94分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

それからの武蔵 DVD-BOX[DVD] 日蓮[DVD] 破れ傘刀舟 悪人狩り DVD-BOX(1)[DVD] 破れ傘刀舟 悪人狩り 19[DVD]
それからの武蔵 DVD-BOX[DVD] 日蓮[DVD] 破れ傘刀舟 悪人狩り DVD-BOX(1)[DVD] 破れ傘刀舟 悪人狩り 19[DVD]
発売日:2003年7月25日 最安価格: ¥25,704 発売日:2005年2月25日 最安価格: ¥3,818 発売日:2007年3月28日 最安価格: ¥49,896 発売日:2007年5月16日 最安価格: ¥808
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

水戸黄門'60 水戸黄門 1960年 水戸黄門('60)
水戸黄門'60 水戸黄門 1960年 水戸黄門('60)
2013年12月28日 2013年12月28日 2016年1月23日
¥324 ¥324 ¥300
DMM.com GYAO!ストア ShowTime

他のユーザーは「水戸黄門(1960)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi