卍(1983)のレビュー・感想・評価

メニュー

卍(1983)

劇場公開日 1983年3月12日
3件を表示 映画レビューを書く

三人芝居

樋口可南子は関西弁の独身女、高瀬春奈は既婚者で夫(原田芳雄)は刑事、この二人が万引きで知り合うことに。
二人はひかれあい同性愛に走るのだが・・・。
今回は二人の裸がメイン。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年8月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

樋口さん綺麗★

自分神戸生まれなので、樋口さんの喋る神戸弁凄い好きだ〜 ちょうど私が生まれたくらいに公開されたよう。樋口さん今ではソフバンのママというイメージしかない。
男女の仲っていつの時代も一緒なんだなあと感じた〜

EMI
EMIさん / 2015年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バンザイ!原田芳雄!!ビバ!!!高瀬春奈!!!! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

主婦が若い女性に惹かれる同性愛を描いた谷崎潤一郎原作の映画化。

冒頭で壮絶なキャットファイトから一転、ネチネチと絡み合うレズビアンセックスに発展する2人の関係性は鬼気迫る爆発力が有る。

床に零れた牛乳を舐める高瀬の舌の矛先が、樋口の乳首へとスライドしていく生々しさは今作の粘着質な性描写の象徴と云えよう。

樋口はワガママ言いたい放題で、高瀬は困りながらも見守っていく距離感は母娘に通ずる愛にも感じた。

高瀬のボロ〜〜ンと重量感たっぷりに顔を出す真ん丸バストが癒やしとエロスの貫禄を兼ね備えた母性愛を象徴している。

しかし、高瀬の旦那で刑事の原田芳雄が介入し、3人の同棲生活を始める事で嫉妬やセックス観が入り混じり、各々の絆が激変。

どんどん破綻へと突き進んでいくエキセントリックな展開に顔をしかめるが、原田芳雄の軽妙なアドリブが冴えてドラマの深刻化を和らげているのが救いだ。

ふくよかな高瀬のポッチャリ体型と、樋口のスレンダーヌード、そこにガッチリした原田のワイルドボディが合体する奇妙なバランスが、様々に重なり合っていて興味深い作品であった。

最後に短歌を一首

『乳の味 しつこく舐める 舌触り 紅く埋めし 恍惚の絵や』
by全竜

全竜
全竜さん / 2011年2月21日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi