マルタイの女のレビュー・感想・評価

メニュー

マルタイの女

劇場公開日 1997年9月27日
4件を表示 映画レビューを書く

どこまでリアルティがあるのか、怖いです。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

どこまでリアルティがあるのか、怖いです。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2018年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

天才の男

思い出しレビュー8本目。
『マルタイの女』

女優のビワコは殺人事件を目撃、裁判で証言する事を発表する。事件の裏には宗教団体が絡み、ビワコを守る為、二人の刑事が護衛に就く…。

警察用語で、護衛対象及び対象者の事を指す“マルタイ”。
『ミンボーの女』公開時、暴力団に襲撃された伊丹十三監督が“マルタイ”となり、その経験がベース。
また、伊丹監督の遺作としても知られている。

伊丹監督のいわゆる“○○の女シリーズ”では比較的人気が低い気もするが、知られざる世界を勉強になるほど分かり易く、テンポのいいユーモアや宗教団体など社会的問題も併せ、本作も見事なエンターテイメント。

今じゃ2時間のTVドラマでも耳にするが、“マルタイ”という言葉を初めて知った。多分、本作を機に知られたんじゃないかな。
マルサ、ミンボー、マルタイ…、ホントいつもいつも印象的な題材やタイトルを残す。

伊丹監督初の殺人事件モノだが、サスペンスというよりむしろ、マルタイ対象者のビワコと護衛の刑事二人のやり取りがほぼメインと言っていい。
大女優オーラのちょっと高慢なビワコ。
そんはビワコのファンである近松。
堅物真面目な立花。
やはり、立花を演じた西村雅彦がいい。
今泉くんの時とは180度違う堅物刑事。が、かえってそれが笑いを誘う、さすがの個性派。ビワコからの突然の指名で舞台に立つ事になるガチガチの表情と演技と雄叫びは爆笑モノ。
はっきり言って、ビワコとは度々衝突。
でも時には身体を張って守る。カッコいいぜ、今泉くん!(←違う!)

証言すると発表してから、問題の宗教団体からあからさまな嫌がらせ。
愛犬が殺され、不倫してた事まで暴露され…。
周囲からバッシングの嵐。
当然仕事も減っていき…。
勇気を持って正しい事をしようとしてるのに、何でこんな辛い目に遭わなきゃいけない…?
宗教団体のモデルはまず間違いなくアレで、実際にも、いやもっと、陰湿な事をしてたかと思うとゾッとする。

ビワコと刑事二人の友情。
劇中でビワコが主演した舞台劇の迫真さ。
クライマックスの意表を付くカー・アクション。
果たしてビワコは、無事証言出来るのか…?
オチもユニーク。

ホント、伊丹十三は日本映画稀代の天才監督の一人だよ。
何で彼が自ら命を絶たなければならなかった?
今だって、伊丹監督の作品を見ていたかった。

近大
近大さん / 2018年2月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD、CS/BS/ケーブル、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いまいち

伊丹十三作品が好きで、全部みるぞと借りたDVD.

いまいちでした。
伊丹十三作品らしい、ユーモアや知性、ダンディズム、漫画っぽさ、攻撃性、社会性は楽しめましたが、どこからどこまでが本気でどこまでがギャグなのかなんだかはっきりしなかった。とくに最後の主人公(ビワコってどんな名前?)が良いこというところ。

竹中直人の「笑いながら怒る人」を見た気分。

ラストが二重になってるところとか、オウム事件を下敷きにしているところとかはよかったなあ。

のえみ
のえみさん / 2017年8月18日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見やすい。

古い感じがしない。
伊集院光超いい役。

スベスベマンジュウガニ
スベスベマンジュウガニさん / 2017年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi